夢のかけら

ヴァナ・ディールで、わたしにとって
最も思い入れの深い場所、

d0039216_0252914.jpg
それはやっぱり東サルタバルタ南東の
外ホルトト遺跡になります。

何度も何度もミッションに躓き、失敗し、
偶然出会った方たちと協力し、共に乗り越え、
大切な時間を一緒に過ごした、始まりの地。

当時の仲間たちは皆いなくなっちゃいましたけど、
今でも、ときどきふらっとここを訪れます。
何もないんですけどね。
しかも遺跡内なんで暗いし!(笑)


その日も、ちょっと歩いてみたくて、
たまたま訪れたその場所。
今はもう、人気もなくなったその場所から、
一人のタルタルが遺跡から飛び出してきました。

それは、とてもとても懐かしい顔。

あの日あの時あの場所で、
わたしを助けてくれたあのタルタルさん。
ずっと昔に見慣れていた顔が、当時と同じ格好で
同じ場所から現れたのです。

ここを訪れるときは、ちょっとノスタルジックな気分に
浸ってるときなので、それはもう驚きました。

 樽 「It is too difficult for a moment 【助けて!】lol 」

まあ絶対ちがう人だけどな!

結局そのあと、わたしに待ち受けていたのは
せっせこせっせこ魔導球に輝きを取り戻すお手伝いでした。
あのときのタルタルさんには、遠く及ばない気もするけど。

青い空の下、また会いましょう。
この一瞬があなたの思い出になりますように。







さて、今日は4月1日ですけど。
このお話はどこまでが本当で、どこまでが嘘なのかな? ふふw
なんてね。
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/10923462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daigorouchan at 2010-04-02 10:48
キャラ削除までして引退したフレが、全然違う名前で戻ってきた・・という経験がある私には実話と思えてしまいます(汗
ちょっとせつないけど、新しい出会いは嬉しい。複雑な気持ちになりますね。
Commented by panicss at 2010-04-04 17:47
>daigorouchanさん
 こういう、"事実を基にしたフィクション"というのを
 一回やってみたかったのです。
 どの辺がフィクションで、どの辺がノンフィクションかは、秘密です!

 時間は、止まりませんもんね。
 変えたくないと思っても変わっていっちゃいます。
 複雑ですけど、新しい出会いを喜びたいですねw
Commented by パラノ at 2010-04-04 22:49 x
イイハナシダナー(;∀;)
思い出ってホント大事なものですよねー。
一期一会な出会いも大事にしたいものです。
人に害のないエイプリルフールに良いお話だ( ^ω^)w
Commented by panicss at 2010-04-06 00:12
>パラノさん
 すれ違ったあの人も、世界のどこかにいるのかと思うと
 ちょっとドキドキしますw
 エイプリルフールネタは傷ついても駄目だし、
 ぬかよろこびさせちゃっても駄目だし、気を使いますねw
Commented by ける at 2010-04-28 21:08 x
あぁ、あの人を思い出してしまいました。
切ないねぇ(*´д`*)

※エイプリルフールネタとは思えなかったデスよ
Commented by panicss at 2010-05-03 07:42
>けるさん
 ノスタルジーは程々に…と思ってはいるのですが、
 ついふと物思いにふけってしまいます(>_<)
 美化してる部分もあるんだけどねw
by panicss | 2010-04-01 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(6)