THE LOST CANVAS

d0039216_20313514.jpg
「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」が完結しました。

「聖闘士星矢」は外伝なども含めて様々なシリーズが展開されていますが、
正直、私は今まで最初のオリジナル版しか受け入れられませんでした。
本作品もそもそものスタートが企画の穴埋めであった事や、
作画が女性的すぎる印象を受けた事もあり、正直全く期待していませんでした。
…てゆーかむしろかなり批判的な目で見ていました。

ところが、作品を読んでみたらこれがもう、
まごうことなき「聖闘士星矢」でした。
絵柄は全く違うのに、コマの端々からほとばしる車田演出(笑)
小手先で絵柄を似せるような真似とは全く違う、作品への愛を感じます。

また後半になるにつれて、作画の手代木史織さんの持ち味も絡まってきて、
独自の世界観を作り出しています。
(いや逆にこれ、車田さん関わってるの設定くらいじゃないのかな(笑))
手代木さんがうまく今の時代に星矢をマッチさせてくれてる。

なので、「星矢」を知っているほうが楽しめるとは思いますけど、
「星矢」を知らない、新しい世代の方にも読んで欲しい、そんな作品になってます。
舞台的にもオリジナル星矢の前の時代の物語なので、これ読んで気になったら
オリジナルの星矢も読めばいいと思うよ。


同時進行で原作者自ら描くNEXT DIMENSION 冥王神話」のほうは
正直どうでもいい。
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/13538849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by panicss | 2011-05-08 00:00 | マンガ/イラスト | Trackback | Comments(0)