「Boy meets Girl」新シリーズ完結!

d0039216_18113973.jpg
ファイナルファンタジーXI 未来への約束
おおつきべるの(著) ファミ通クリアコミックス

発売になりましたー!コミックス化を信じて、web連載を読まずに我慢していたんですけど、無事にコミックスになって良かったです。やっぱり書籍形式で読みたいですよねー。
しかしこれ、分厚い…(笑) 値段も1000円と通常のコミックスに比べるとお高めですけど、この本にはそれ以上の価値があると思います。

いよいよシリーズ最終巻。
第一話がFFXIのアンソロに掲載されたのが2005年1月なので、足掛け7年弱の物語でした。ゲームのアンソロが出発点であった事を考えると、原作がMMOだからこそのシリーズであったともいえますね。
(そしてきっとFFXIのアンソロはこれが最後なんだろうな…(苦笑))

d0039216_18115069.jpgd0039216_18115833.jpg
d0039216_18121055.jpgd0039216_18122620.jpg
Boy meets Girlシリーズは「ぼくらのきもち 」「てっぺんのうた」「アトルガンへいこう!」「またあした」「未来への約束」の全5冊で、最初の2冊のみA5、残りの3冊がB6サイズになっています。
ただしアンソロジーの個人作品集という形式上、初期の2冊は既に版を重ねておらず、店頭在庫や古本屋さんを頼ることになります。(まあネットとかに頼ればすぐ購入できますけど。)

 FFXI:アンソロのススメ!
 「Boy meets Girl」新シリーズ開始!

最初の方こそ1話1話で話が独立していたものの、「アトルガンへいこう!」以降は完全に続き物になっていますので、(巻数こそ付いていませんが)最初のシリーズから読まれることをお勧めします。
特に今回の最終巻は7年にわたるシリーズの集大成となっていて、今までの話の別視点であったり、裏で起きていた出来事などが描かれていますので、やはり最初のシリーズから知らないとこの感動は得られないかなと思います。…てーか、裏表紙にこっそり初期エピソードの1シーンとか卑怯すぎるだろう…w
実は私、最初のエピソードでハルがクロードを庇った後、何故ハルがいなくなったのか、何故テツがクロードを責めるのか、ちょっと良く分かってなかった部分があったのですけれど、今回でやっと胸に落ちました。

話としては完全に完結。
「いつもと変わらぬ日々」から、「今日とは違う明日」へと向かうクロードたち一行が、サブキャラ含め総出演で描かれています。某戦士と某獣の再登場にいちばん驚いたわw
あとはちょっとだけですけど、おまけページにほっとしますね。感動話だけだと、若干、その…、精神的に辛いのです(笑)
アトルガン時代のエピソードがずっと続いているうちに、実際のヴァナ・ディールではアルタナを経てアビセア時代に突入してしまっているため、時代設定が原作にそぐわない部分もありますが(というか原作がMMOでどうやってもズレが出るのであえてアレンジしてるのだと思いますが)、うまく物語に落とし込んでいて、現役冒険者(一応)としても胸にこみ上げてくるものがありました。

これからの未来で、また。 
願わくば、ヴァナ・ディールで素敵な出会いがあらんことを。
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/16074699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by panicss | 2012-06-17 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(0)