劇場版 仮面ライダーフォーゼ みんなで宇宙キターッ!/特命戦隊ゴーバスターズ 東京エネタワーを守れ!

d0039216_0323670.jpg
観てきましたー。
「フォフォッフォフォッフォフォフォフォッフォーゼはじまるよ~」って子供と話してたお母さん可愛かったです。



---

好評価の感想を書いてる方もちらほら見かけますけれど、個人的にはちょっと残念な感じ。
つまらなくはなかったんですけどね。


■ゴーバスターズ

近年の戦隊映画としてはいちばんまとまってたと思います。本編同様、ロボ戦にこだわってるのも嬉しい感じ。
ただ、今のゴーバスで一番人気であろう陣さんとJYUEKIの出番がほとんどないのが寂しいです。…というか、「打つ手なし、お手上げだ」って消えて本当に最後まで出てこないとか陣さんらしからぬ。
それに「敵が多いからリュウジの暴走で突っ込む」っていうのもゴーバスらしからぬ適当作戦だし、そこで全員ウィークポイントでピンチっていうのも残念な展開。ヨーコのカロリー切れとか作戦関係ないし、迂闊以外の何者でもないw(ヒロムやヨーコみたいな「製作側の都合で発生するタイミングを調整できる弱点」って、なかなか機能的に働かせ辛いですよね。)
そして何よりバスターズとエネたんとの絡みが薄い…。劇場版ゲストなのに…。新メカなのに…。
ボスはこうきたか!って感じで良かった(操縦描写もカッコよかったw)けど、これむしろ本編に取っておいた方が良かったんではと思ってしまう。


■フォーゼ

何と言うか、何を言うにしてもキョーダインが敵だったのが最大のガッカリです。
いえ私はキョーダインも大鉄人17も知らないんですけどね。ただ宇宙鉄人がどう話に絡んでくるのか期待してたので、ただ敵として現れただけだったのはちょっと期待はずれでした。(てか、この扱いはキョーダインファンは嬉しいのだろうか。)
弦ちゃんも「機械と友達になる」とか言いつつ速攻あきらめて攻撃したりとどうにも口だけ感が拭えず、話のためにキャラが動かされてる感じを受けてしまいました。まあ弦ちゃんは本編でも若干そんなとこある気がするけど…。
40人スイッチオンは1年間の積み重ねを生かした素晴らしいアイデアなんですけど、何の説明も受けずにスイッチを受け取って即効で了承する皆さんがものすごい不自然すぎる。これ各人の台詞いらなかったんじゃないかなー。
それにメテオとのフュージョンなのにパワーアップにメテオさん絡んでないwww いやまあ確かにメテオさん頑張ってはいたんですけれども。パワーアップのトリガーに絡んで欲しかったな。

あとセット撮影が多いので、そうなるとやっぱり時間や費用の関係でどうしても安っぽく見えてしまいますね。カブト劇場版もそうでしたけど、宇宙での戦いは鬼門だなぁ(苦笑)


■(おまけ)ウィザード

イメージ的にスカした感じかと思ってたんですけど、好青年でしたw
ベルトは指輪をつけた手をかざして認証させる形式。ただかざすだけじゃなくていちいちガシャガシャとバックルを回転させるのがカッコよかったです。こういう操作をあえて付ける所がさすがバンダイさん(笑)
おもちゃとして楽しいかどうかは認証精度次第かなー。オーズドライバーのメダル認証精度の良さから考えて、あんまり心配しなくてよさそうだけど。
音声は何かだんだんハイテンションになっていく感じ?技のたびに喋ってくれるなら楽しそうだw
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/16617065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by panicss | 2012-08-12 01:25 | アニメ/特撮 | Trackback | Comments(0)