ONE PIECE FILM Z



みてきましたー!
しかしワンピ映画の客層はストロングワールド以降ですっかり変わっちゃって、ともすればデートムービー的な扱いになってることに若干の違和感。
それで観に来てる人がいる以上、違和感も何もないですけど。



---

面白かったです!
直球勝負の劇場版!って感じでした。

総合プロデューサーとして尾田さんが全部監修してる事もあって、原作が好きならまず間違いなく面白いと思います。
ストロングワールドよりはドラマが描かれてる気がしますね。
新世界編でまだ姿を見せてないキャラクターもちらほら2年後の姿で登場しており、そういう視点でも楽しかったですねー。メインは予告でサラッと出てる青キジだと思いますけど、思ったより登場でテンション上がりました(笑)
そして意外と美味しいとこ持ってったw

d0039216_2245103.jpg
そして何と言ってもこの映画のキモは幼児ナミさんきゃわわである。なんなのこれ天使なの?
キャラデザメモにはアーロン編気にぜず可愛く描けって書いてあるこの判断すばらしい。
この幼女がしばらくシャツ一枚かと脳内変換しても差し支えない薄着で走り回ったり、ちょっと背伸びした感じの衣装着てウエイトレスってみたりともう観てるだけで幸せだった。
他の一部キャラも若返ったけど正直あんまり変わらなかった…w

気になった点としてはZの過去ややろうとしている事がさんざん引っ張った割に止め絵でサクッと説明されちゃったのと(これはこっちの方がいいって人もいるかも)、途中で一時的に着替えた服がイマイチ違和感があったのと(これは前回のスーツ姿でも感じた)、篠原涼子さんの声が若干引っかかった事かな。

というか篠原涼子さん声優初とかいってるけど、あんたGセイバーとかトムとジェリーの大冒険とかは歴史から抹消しちゃったの…?


[PR]
by panicss | 2012-12-16 23:13 | Comments(0)