映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)



みてきました!
最近千葉繁押しがすごいね!



---

うーむ…、判断に困る映画だ

今回は、わさび版映画ドラで最も評判が高いと思われる寺本監督の、初のオリジナル作品。
ですので期待と不安がかなり入り混じった状態で観に行きました。

予告を見たときからずっと、寺本監督はきっと楽しい雰囲気の作品にしたいんだろうなーというのは伝わってきてましたし、上辺すら整えられてなかった「人魚大海戦」や「奇跡の島」に比べると、作品としては上質なものに仕上がっているとは思います。

ただ、冒険はほとんどゼロに近く、基本的にドタバタコメディが展開するため、これまでの大長編ドラとはかなり趣が異なった作品になってます。
日常から非日常、そして大冒険の世界へ!という展開を期待している私としては、あまり好みの展開ではなかったというのが本音なところ。

ミュージアムもわたし的にはあんな危険な博物館に行きたくないなぁ…って感じでしたけど(笑)、これは大人視点ですかね。
懐かしいひみつ道具がわんさか出てきたのはちょっと嬉しかったですw
未来デパートのバーゲンやレンタルで揃えてるはずのひみつ道具が、希少な金属を使った職人の手によるものになってる辺りがえええって感じでしたけど、まぁ分かってやってるんでしょう。

コメディ具合もちょっと中途半端というか、これ推理要素はなくてもよかったんじゃないかなー。真犯人含めてみんな怪しい動きをさせたりと、結構ひねってブラフかけてきてましたけど、結局犯人が証拠落としてバレるのでずっこけちゃいましたw
あとドラ猫要素ね。なんだったんだあれ…。

また、ドラえもんはじめ、みんなけっこう黒い方の顔を出すのがちょっと気になったり…。
今回の事件の原因もあんまり擁護できない感じだったし。
しずかちゃんの服の脱がせ方も何かえろい方向だった。いいぞもっとやれ(どっちだ)


と言う事で、途中まで微妙なコメディを複雑な心境で展開を見守ってる感じだったんですけど、ラストバトルでがくんとふり幅が大きくなって、ここでちょっと持ち直しましたw
えーと、あの、うん、…ドラえもんズを許容できた貴方ならきっと大丈夫だ!(えっ)
でもその後の暴走を止めるのび太案は結構ひどいと思ったw 死ぬだろうそれw

あっ、最初のイメージイラストでクルトみたときは♀キャラだと思ってたのでがっかり来てたんですけど、かわりにジンジャーがめっちゃ可愛かったです!
初登場時からずっと身悶えしてた。どストライクなうえにパンチラまでサービスだった。ほんとドラえもんはえろいな!


そして、来年の映画は藤子・F・不二雄生誕80周年記念として、これもしかして大魔境リメイクですかァー!
おぉお、初期作でも意外と話題に上がらない(笑)大魔境をここで持ってきますか!まさに先取り約そk

いえわたしは大好きですけどねあの雰囲気。
ただ!ただ、その、ラストがちょっと、反則が過ぎるというか…w
[PR]
by panicss | 2013-03-10 00:00 | アニメ/特撮