映画 ドラゴンボールZ 神と神



みてきました!
17年ぶりかぁ…(とおい目)




---

最初に言っておくと、わたしは旧ドラゴンボールアニメのスタッフは全く信用してなくって、例えば劇場版においても、原作にフリーザが出てきたら兄のクウラ、メカ化したフリーザが出てきたらメタルクウラ、人造人間が出てきたら人造人間、とお前らもうちょっと考えろよ…とまいど子供心に思ったものである。
しかも中身はとにかくバトルバトルで、Zの実質最終映画「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」では企画段階で悟空と悟飯をフュージョンさせようとしたあげく、最終的には龍拳なる新技をいきなり放って終了、という迷走っぷりでした。

そんな訳で今回の映画も最初はあんまり期待してなかったんですけれど(敵のビジュアルも初見はなんかアレでしたし…)、鳥山明さんががっつり監修って事で観てきました。
鳥山さんがDB終了以後でそんな面白い漫画描いてるかっていうとちょっと疑問ですが(笑)、やっぱ印象に連載当時の補正が入ってるんでしょうね。

さて、観てきた結果としては楽しかったです!
主要メンバーがほぼ勢ぞろいでほとんど台詞あり(声優さんが亡くなられたキャラも台詞に長短あれどだいたいしゃべる)、原作でも時々あった「明るい」ドラゴンボールが原作の地続きで描かれるので、原作ファンは楽しめるんじゃないかと思います。
特に超サイヤ人ゴッドになったときの悟空の立ち振る舞いなんかは、予想とはちょっと違うんですけどなんというかすごく"悟空らしく"て、さすが原作者だなと感じました。
ドラゴンボールがちゃんと出てくるのも嬉しいw (扱いは…まあその…)

破壊神ビルスの描き方も絶妙で、観る前はあんなに違和感あったあのキャラが、今ではすごく魅力的に見えますw
あとは王子のひいきっぷりに驚きました(笑)王子めっちゃ見せ場あるよ!
そのかわり悟飯が(酒に酔っていたとはいえ)かなり残念な感じでしたねー…。あの子は格闘やめてからなんかおバカになってる気がする…。
あとは魔人ブウね。あの子はホント怖いわ。そばにいたくない。

とにかく今回はギャグに割いてる尺がかなり長く、アニメのZシリーズのようなシリアスバトルに慣れている方だと逆にかなり違和感があるかもしれません。
最終バトル突入までボケっぱなしで、最後にやっと真面目に戦うって感じなので、終わってみるとバトル要素はむしろ少なく感じました。
超サイヤ人ゴッドへの変身も、できればピンチを乗り切るための変身の方が盛り上がったかなーと思います。あんな説明書を読むかのような変身はちょっと…w

また、最後の〆も予想外ですごく良かったんですが、逆に言うと超絶パワーで敵を撃破!みたいなのを期待していたこっちとしては「えっ、あれで終わりだったの…?」みたいな肩すかし感もちょっとはありました。
バトルばっかりだったらそれはそれで文句言うくせにワガママだな!(笑)

ちなみに今回の映画の原案(鳥山さんが関わる前)は、なんだか暗くて重い話だったそうです。
きっとバトルバトルでみんなやられて最後にゴッドでわーっていう旧Zみたいな映画だったんjy(偏見)



あっ、そうそう、この映画には某金メダリストの方が声優で参加してるんですが、これまでに聞いたことがないってくらい棒な下手さでした
いやもうほんとシャレにならんくらいだったよ。殺意すら沸いてくるくらいだったよ。
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/18495464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by panicss | 2013-04-07 00:00 | アニメ/特撮 | Trackback | Comments(0)