映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

d0039216_110549.jpg
見てきましたー。
しかし改めてみるとククルとの出会いとか、ギガゾンビ本拠地への到達とか、意外と無茶な展開してますよね日本誕生…w




---

例年よりかなり遅くなってしまいましたが…。
今年は事前に聞こえてきた評判もかなり良かったので、期待しつつ観に行ったのですけれど、それにこたえてくれるデキでした!

作画も非常にアニメちっくで大満足です。柔らかなタッチの作画もきれいだと思うんですけど、やっぱりアニメアニメしたほうが私は好みみたいです。

最近の映画ドラはOPも凝ってくれるのがうれしいですね。最後にみんな集まってタイムマシンで飛んでいく感じがすごく好きです。
また、EDで良かったのは最近恒例のはがきコンテスト受賞作品の使い方。ちゃんとお話に組み込まれた形で使われていたので、描いた人もうれしかったんじゃないかな~。
個人的にはエンドロールではがきの絵が映されるだけってなんか違うんじゃないのってずっと思ってたのだ。

という事で、いろいろ満足だった本作ですけれども。
基本的にはほぼ原作通りの流れでしたので、新しいワクワクや驚きはなく。
(むしろオリジナル要素のドンブラ粉アピールとかすごく不自然だった…。)

うん、まあタイムパトロールはちょっとだけ驚きましたけど(笑)
あれはファンサービスですしね…。

ラストも「ククルたちとの別れ」より「ペガたちとの別れ」に比重を置いているので、どっちに感激していいのか困惑したままラストを迎えてしまいました。
だってなー。ペガたちってのび太が遺伝子操作して作り出したようなもんだからなー。
軽い気持ちでキメラを作り出す展開に最初に読んだ当時から違和感を覚えていた私としては、ククルとの交流のほうに時間を割いて欲しかったです。
(そういう意味では、今回の映画でのククルは原作より出番が増えていて嬉しかったですw)

とはいえ、全体的には楽しかったです。
TPぼんの新作にもこれで期待がかかるというもんです(えっ?)というか昔のTVSPをBlu-rayかDVDで出してくださいよホント…。


来年の映画は「大氷山の小さな家」の長編化かしら?
エスキモー風のドラえもんが流氷の上にたたずむカットがすごく雰囲気が出ていて、素直に「面白そう!」と思えました。
次回も楽しみにしています!
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/23067732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by panicss | 2016-04-15 00:00 | アニメ/特撮 | Trackback | Comments(0)