夏休み特別企画 『ダッシュ!四駆郎』 ホライゾン・メッセージ [05]


去る2006年3月23日、死去された
漫画家の徳田ザウルス先生を偲んで、
特別企画として代表作「ダッシュ!四駆郎」を
ご紹介しております。

一気にまとめ作業をしてるので、
私もいろんな意味で
ホライゾンへ駆け抜けてしまいそうです。

今回は、いよいよ開幕の全国大会開始から、
準決勝まで!




---

遂にこの日が来た。
ミニ四駆選手権、全国大会の開催である。



d0039216_17325341.jpg -----

全国大会、開会式がスタート。
強豪たちが集い、火花を散らす。


d0039216_1744745.jpg
※ミニ四駆レーサーです。

しかし開会式当日、
野試合を買って出た四駆郎は
スーパーエンペラーを壊してしまう。
はたして全国大会を勝ち抜くことが
出来るのだろうか。



d0039216_17452337.jpg -----
優勝候補と言われるチームの名前が
幾つか読み上げられる。

その中の一つが、

d0039216_17515058.jpg
西大阪代表、チーム・ヨシモト。
あんまりじゃなかろうか。


そうこうしているうちに開会式が終わり、
いよいよ全国大会スタート。
四駆郎は壊れたスーパーエンペラーの
代わりに、エンペラーでレースに臨む。

第一レースは地獄門!
トンネルを抜けたその先には…。

d0039216_1804432.jpg
ロボットが。


d0039216_18193123.jpg
輪子さん超ビックリ。


しかし、さすがダッシュ軍団。
ロボットを見事に破壊して、次のレースへ
駒を運びます。

第二レースの対戦相手は、

d0039216_18105867.jpg

得意技は分身と隠れ身!
三重県代表、忍者ウォリアーズ!!


d0039216_18193123.jpg
!!


d0039216_18154669.jpg
巨大RCトラックを倒せば、第二レースの勝者だ!!


d0039216_18193123.jpg
!!?

なんで全国大会になった途端、
こんな色モノ試合になっちゃうの…;;

だがしかし、忍者ウォリアーズのリーダー、
閻魔地獄丸(えんまじごくまる)には、恐るべき秘密があった。

d0039216_1829482.jpg
新たなる皇帝、"影皇帝<シャドーエンペラー>"
そう、彼もまた、かつて皇のもと、
鬼堂院と共に集まったレーサーの一人だったのだ。
しかしみんな凄い名前だな。

修理されたスーパーエンペラーによって
シャドーエンペラーとのレースにからくも
勝利したダッシュ軍団。

そんな彼らの前に、突如として現れたのは、

d0039216_18445631.jpg

さらに三皇帝。って皇さんアンタ作り過ぎだあァァ!

まあチーム人数が基本5人ってことを考えると、
しょうがないのかもしれないけど。


しかし、三皇帝との試合はまだ先。
次に控える準々決勝は、前述した優勝候補、
チーム・ヨシモトとのレース。

ここで、試合前に
驚くべきマシンが四駆郎たちの元へ
届けられる。

d0039216_18594497.jpg

そのマシンの名はホライゾン。
四駆郎の父、源駆郎のマシンだ。
地獄レースに参加している父が無事であることを
知らせるために、届けられたのだった。

このマシンはレーザーコントローラー無しでは
本来の力を発揮することが出来ない。
にも拘らず、四駆郎はホライゾンを持ち出し、
レースに挑んでしまう。

そのためレースはピンチに陥るが、
持ち前の奇策で形勢を立ちなおし、
勝利をもぎ取るのだった。



d0039216_1992670.jpg -----
準決勝、遂に三皇帝との戦いの火蓋が
切って落とされる。
そのうちの一人、神聖皇帝<ゴッドエンペラー>が
コミックス表紙に登場。超コワい。

長い間激戦を戦い抜いてきた、
ダッシュ軍団のマシン。
修理が間に合わず、殆どのメンバーは
試合に参加することが出来ない。

四駆郎は父から貰ったシャーシ
…すなわちホライゾンの直系である
エンペラーでこの戦いに挑む。


準決勝はスチームが吹き付ける
高架回廊コース。
対するは、三皇帝。


d0039216_19172581.jpg
"神聖皇帝<ゴッドエンペラー>"


d0039216_19174063.jpg
"風神皇帝<ハリケーンエンペラー>"
コイツだけ見るからに色モノだよなァ…。


d0039216_19175027.jpg
"魔道皇帝<デビルエンペラー>"


三皇帝 v.s. 皇帝。
デビルエンペラーとハリケーンエンペラーの
協力攻撃が、エンペラーを襲う。


 風神 「皇帝死すべし!!地獄その1!!」
 風神 「ヤツからあの世行きだ!!地獄その2!!」


皇さんアンタどんなチーム作るつもりだったの…?


風神と魔道をパスした四駆郎は、
さらに吹き上げるスチームを利用して
大ジャンプを試みる。

ゴッドエンペラーを飛び越え
ゴールしようとしたまさにその時…!

d0039216_19382727.jpg
二台を追い抜き、失踪する黒い影。
それは一台のミニ四駆。


d0039216_19393677.jpg
それはチーム・桃太郎侍キャプテン、
木尾桃太郎(きびももたろう)のマシンだった。

彼とは決勝戦で当たる事になる―――。


もちろん岡山県代表だ。
[PR]
トラックバックURL : http://panicss.exblog.jp/tb/3593316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by panicss | 2006-08-17 02:00 | マンガ/イラスト | Trackback | Comments(0)