ヴァナ童話 みっつのアニマ


 いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つならむ
 うゐのおくやま けこえて あさきゆめみし ゑひもせす


皆さんは、「三枚のお札」という昔話をご存知ですか?
鬼ばばに襲われた小坊主が、和尚から預かった
「三枚のお札」で危機を乗り切るというお話です。

さて。

d0039216_18511317.jpg
今回は、PM「願わくば闇よ」。
いよいよプロミヴォン-ヴァズへ突入です!

本日のネタばれレベルは
 ・ストーリーネタばれなし
 ・ミッション目的ばれあり
 ・道中のSSが数枚
 ・BCのSSは無し

となっておりまーす。



---


プロミヴォン-ヴァズでは、
今までのプロミヴォンで戦った三体のBOSS全てを
再び打ち倒し、囚われたNPCを救い出す必要があります。

行程の長さ、必要な人数とジョブ、その難易度から
実装当初はかなりの難易度を誇っていました。
今は難易度が低くなったとはいえ油断は出来ません。

ていうかPMが嫌われてるのは難易度の所為じゃなくて
チャレンジし辛い所為だってそろそろ気付いた方が良いとおもゲフンゲフン


そんな訳で!

事前にBOSSの弱点である"アニマ"を
何人かで準備しておきました。

 ・驚のアニマ : 使用するとBOSSがひるむ
 ・迷のアニマ : 使用するとBOSSが一定時間WSを使用しない
 ・脅のアニマ : 使用するとBOSSが逃げ回る

まさに三枚のお札です。
このカードこそが、この戦いの切り札となるでしょう。

d0039216_19114622.jpg
それではプロミヴォン-ヴァズ進軍開始。
進み方は今までのプロミヴォンとそう変わりはありません。
皆さん慣れた様子でサクサクッと進んでいきます。

d0039216_19143750.jpg
しかし、何といっても道中三体のBOSSが
待ち構えている訳ですから、油断は出来ませんよ!
ふんどしのヒモをギュッと締め直します。

 「ここ誰が捕まってるんだっけ」
 「テンゼン」
 「いらね」
 「ゲ○○○いらね」
 「/sh ウルミアたんマーダー(´д`)?」
     ※ テンゼンと同フェイスのフレの名前(とんだとばっちり


ちょ、おま、そんなこと言ってると…

d0039216_1933226.jpg
ほらやられたー
何だか初めてプロミヴォンに突入した悪夢が蘇ります。


み、みんな!みんなは無事!?



d0039216_1936753.jpg






るいるい。

衛生兵 ――― っ!!


リレイズで復活し、何とか倒して前へと進みます。
苦戦したけれどここでアニマを使うわけにはいかなかった…。

なぜなら。
そう、敵はこいつらだけじゃない。

実は、このエリアの最後には、
デム・メア・ホラ三体のプロミヴォンBOSSが
待ち構えているのです!


…あれだ、着ぐるみ再利用ってやつだ…。


d0039216_19474014.jpg
ここまできたら、あとはもう
全力を尽くして戦うだけ。

いこう、みんな。
この悪夢に、希望の光を照らし出すんだ!


扉を開け、戦いが始まる。
メアBOSS、Cumulatorとの壮絶な戦い。
範囲攻撃「回転木馬」が私たちに襲い掛かる。


そうくると思ってたぜ!
オレのターン、ドロー!

黒魔さんの"脅のアニマ"が発動する。
脅えの思念が強化され、相手は逃げ惑い、沈んでいった。


しかし、その時にはもう
デムBOSS、Procreatorが動き出していた。
体の中から小さな子供たちを産み出す恐怖の魔物。
それら全てが波となって迫って来る様を想像し、身震いした。


だがそうくると思ってたぜ!
オレのターン、ドロー!

私の"驚のアニマ"が発動する。
驚きの思念が強化され、相手はひるみ、動けない。
そのまま、その巨体をなぎ払った。


傷つき、疲弊する私たちに
最後の戦いを挑もうと。
ホラBOSS、Agonizerが大地を振るわせる。

しかし、時は既に遅い。
もうこちらは、後一歩のところまで追い詰めている。

これが最後のターンだ!
赤魔さんの"脅のアニマ"が発動し…!











あれそれさっき使わなかったっけ。














"脅のアニマ"が発動!
脅えの思念が強化され、相手は!!













d0039216_2345868.jpg

逃走しました。



…その後アニマの効果が切れるまで、
ずっと全員で追いかけっこでした。

なにこの本家「三枚のお札」並みにヒドいオチ。
[PR]
by panicss | 2007-07-08 00:00 | FF11:プレイ日記