スーパーヒーロータイム2009

さて、今年も特撮番組の移り変わる季節となりました。
お子さんのいる家庭は、お子さんの購買欲と戦う季節でもありますね(笑)

今年は「侍戦隊シンケンジャー」と「仮面ライダーディケイド」が
約一年間、日曜朝の顔となります。

d0039216_19524038.jpg
シンケンジャーは以前の戦隊モノに比べて画質が良くなったように感じたのですが、
やっぱり良くなってるみたいです
今までは安っぽく見える部分も少なからずあり、見た目で損をしていると思っていたので
これはうれしい変更点です。

また、今期のメインシナリオは小林靖子さん(最近の代表作だと仮面ライダー電王)が
努めるそうで、若干シリアスよりになるのかな?と期待してます。
(タイムレンジャー好きでしたw でもギンガマンは好みじゃなかったりする…。)
コメディドラマも好きなんですが、戦隊のコメディ色はあんまり好みじゃないのです;

d0039216_19504659.jpg
シンケンジャーはレッドが殿、残り4人が家臣という特殊な構成。
今年もブルーがいい味出してるw

レッドは「結果が出なければ努力など意味がない」などという発言にあるように、
かなり厳しめの性格に設定されているみたいですね。
ただ、第2話でそう主張しつつも自身は確かな結果を見せ、それでいて
家臣との絆が深まる話の流れは見事だったと思います。
今後の展開にも期待していますw
(しかしどうしてもレッドがスカシカシパンマンに見える。)

d0039216_19555884.jpg
また、戦隊モノは円谷プロが(何故か)捨て去ろうとしている
ミニチュア撮影をずっと継承し続けているのも嬉しいですね。
CGよりこっちの方が存在感が会って好きですw

しかし今回のロボ戦は本当に半端ないです。



 「いくぞ!侍合体!」







d0039216_200256.jpg
 (火) < 俺あまってるだろ…。





一方、仮面ライダーディケイドは平成仮面ライダー10周年という事で
過去ライダーの平行世界を巡るお話。

d0039216_2052135.jpg
各ライダー本編とは微妙に配役や設定が異なっており、
実際の過去ライダーを知ってると、改変具合が面白いです。
全30話だそうなので、これでライダーの放映時期がずれるかな?

d0039216_20122614.jpg
d0039216_2012404.jpg
クウガ→キバときてお次は龍騎。
電王はまた映画をやるみたいなので、その辺とタイミングを合わせるのかしら。

しかしファンからも「またか…」と言われる続編の作り方はちょっとどうかと思う(笑)
たぶん佐藤健くんは出ないだろうしなー。
[PR]
by panicss | 2009-02-24 00:00 | アニメ/特撮