さて、最後はアトルガンミッション。

アルザビでは、ミッションは国から受けるのではなく、
傭兵派遣会社「サラヒム・センチネル」のナジャ社長から
受けることになります。

このミッションの第一弾というのが、アトルガンエリアにいる
不滅隊隊士への差し入れ…つまりお使いです。
全部で五つあり、どこかに届ければそれでミッションはクリア。
その五つのポイントは、一度そこに行くことで開通され、
以後はアサルトなどのワープポイントとして使うことができます。

d0039216_22514472.jpg

d0039216_2252497.jpg
折角ですので、友人と新エリア探索がてら
いくつかポイントを開通してきました!

場所さえ分かればソロでも行けるのがいい感じ。
ちょっとソロだと厳しいところは、みんなで迷いながら(笑)
新モンスとも戦ってきましたよ~


d0039216_22573498.jpg
マーリド。体の中から寄生虫が飛び出して、
リンクして大変なことに(笑)
戦ってると牙が折れていきます。芸が細かい。


d0039216_22595815.jpg
トロール。ブラインで見えづらいですが、
巨人とは一味違う感じ。


d0039216_2311634.jpg
火山の上で色違い芋虫と。
他にもいろんな色がいました(;´д`)


d0039216_2334985.jpg
クトゥルブ。このときはさっくり倒しましたが
絶対イヤらしい技使いそうです。


面白いモンスがいっぱいで楽しいw
ただ、面白いほどレベル上げに使いづらいので
なかなか難しいですけどね~

お約束のるいるいもこの通り!

d0039216_2257798.jpg
ゴメンヨ (´д⊂


そんな訳で、アトルガン発売後の最初の週末は
一気にいろんなところをつまみ食いしてしまいました。

しかし逆に言うと、フレの少ない私でも
それだけ遊ぶことができたということ。
インストール後何もできなかったプロマシアと比べて、
これはとても良いことだと思います。

プロマシアではレベル制限で難易度調整を行っていました。
これが逆に、運営側の求めるレベルと人数以下でのクリアを
困難にしてしまい、結果として入り口を狭めていたと思います。
初期の難易度の高さがそれにさらに拍車をかけて
イメージを悪くしてしまったのではないでしょうか。


今回は、高レベル向けエリアと割り切って
見破りを持つ敵を配置することで調整されており、
バランスは取れていると思います。

周りの人に聞いても、
アトルガンの評判は良い感じです!
この機会に色々と遊べると良いな~


---


最後に。

新エリア探索に行く前に、
アルザビで待ち合わせをしたときのお話。

竜騎士さんと一緒だったんですが、
街中のはずなのに子竜がそばに佇んでいたんです。

 「え!何で子竜がいるの!?」
 「ここだと、呼べるみたいねぇ」

どうやらアルザビの半分は、ビシージ(市街戦)用に
街の中でも外エリアと同等の扱いの様子。

d0039216_23525929.jpg

そうか…ここで戦う日が、くるのかな。
そんな風に想いを馳せるのも、久しぶりの感覚。
[PR]
by panicss | 2006-04-23 01:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(0)


アトルガン開始時のウェルカムバックで戻ってきた
LSメンがいます。

FFプレイも4年目に突入すると、さすがに
出会いや別れについても色々考えてしまいますけれど。
いまは素直に喜びたいと思います!おかえりなさーい♪

---

さて、このウェルカムバック樽さん。
復帰前から「青魔やりたい!」と言っていたその通りに
青魔道士を既にゲット済み。

情報によると、後日アイテムを渡す必要があったので
うちらはとりあえずクエだけ受けておくことにしました。

d0039216_10593788.jpg
おおいよね、そりゃ…。

後日サーチしてみると、新ジョブの割合は
からくり士100人、コルセア100人に対し、青魔は200人。
やはりアトルガンの目玉ジョブは違います。
あとでちゃんとクリアしといたよ!

---

青魔クエを受け終えたところで、一人落ち。
だけどもう一人のLSメンの興奮が止まりません。

 「え!からくり士ってソロでできるの!!」

最近すっかりまとまった時間が取れなくなったミスラさん。
獣を上げ終え、AF2も幾らかゲットし終え、
セカンドキャラでもう一度獣を上げるつもりだったミスラさん。

からくり士はソロ仕様、という開発インタビューを聞いては
いてもたってもいれません。
眠い目をこすりつつ、残りの3人でからくり士を取りに行くことになりました。

からくり士クエは、船で「ナシュモ」という町へ向かいます。
出航直前の船に…、ギリギリ乗り込んだ!


そしてナシュモへと三人は降り立つ訳で










 出航します。








d0039216_1112251.jpg


船だけ出航しました。



どうもね、定員オーバーで降ろされたようで。
てゆーか、いまこのSSに写ってる人はみんな降ろされた人たちな訳で。


そしてミスラさんだけ先に行っちゃったわけdええええ








d0039216_1265463.jpg








そしてナシュモへと三人は降り立つ訳です。
(そういえばナシュモのSS撮ってなかった…)

d0039216_11244398.jpg

ナシュモ→カダーバの浮沼→アラパゴ暗礁域へと渡って
「古びたからくり人形」をゲットし、メアを経由して再びアルザビへ。

ここでウェルカムバック樽さんが限界に達し、落ちてしまったので
残る二人でオートマトンの工房を目指します。

d0039216_11385186.jpg
0時をまたいで、無事からくり士ゲット!
猫さんは満足そうな笑みを浮かべて落ちていきました。

だけど…まだだ!まだ終わらない!

---

そう、私はコルセアになりたかったのです!
カードが自分の周りをグルグル回るエフェクトにシビレました。
能力はよく分かっていませんがエフェクトにシビレました。

明日の朝、コルセアを取りに行くことに決め、その日は就寝。
からくり士を取ったのが大体午前2時だったんですけど、
次の日の朝7時には、朝食までバッチリとって再ログイン!







なんで猫さんがいるかな…。




やる気満々の猫さんと一緒にアトルガンミッションを少しこなして、
さらに一緒にコルセアを取りにいくことに。ふたりはコルセア!

コルセアのクエは、先日のからくり士の近所だったので
あまり迷うことなくクエを進めていくことができました。
そして、いよいよ最後のイベントへ。


そしてコルセアのおにーさん登場。
カッコいい!ホレる!
やっぱ時代はコルセアですよ。コルセア。

 荷物を整理してもう一度話しかけて下さい。

そしてイベントが終わって…あれ。
カバンの中が一杯だったのかな?
荷物を整理してもう一度イベント。


再びコルセアのおにーさん登場。
も一度かっこよさをかみしめる。

 荷物を整理してもう一度話しかけて下さい。

そしてイベントが終わって…あれ?
カバンに空きがあるのに??
一つ二つじゃ駄目なのかなぁ…。


三度コルセアのおにーさん登場。
ボタン連打で早送り早送り。

 荷物を整理してもう一度話しかけて下さい。


四度コルセアのおにーさん登場。


もういい。




えっと、イベントクリア時に「コルセアーズダイス」っていう
エクレアアイテムがもらえるんですが、
これってナシュモでも売ってるんですよね。

そうです。もうお分かりですね。
さっきナシュモに行ったときに買っておいたのです。


はやくもギャンブラーの罠に…!
[PR]
by panicss | 2006-04-23 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(3)