2007年 05月 13日 ( 1 )

SoloでQueする5秒前


 「はっはっは、やぁ、わりぃな。

  その面、見ればわかるぜ。
  俺たちのアツアツ加減に、自分がどれだけ不幸なのか
  思い知っちまったんだろ?

  まぁおまえだって、いつかは幸せになるさ。世界は丸いんだからよぉ!」


---

ジュノで久しぶりに会った男は、そう声をかけてきた。

穏やかな日差しが差し込む、とある宝石店の軒先で、
彼の周りの空気だけほんわりと火照っているようだ。

つい数日前、手に入れた宝石を譲った事が、
私とこの男との縁である。
冒険の途中で倒した怪物の懐に光っていた宝石。
どうにも値がつかず売りさばけなくて困っていたところ、
欲しいというので譲ってやった。

たったそれだけの関係なのだが、
男は律儀にも見知り置いてくれたらしい。
何でも宝石は意中の少女に贈ったということで、
それが冒頭の台詞に繋がる訳である。
どうやら順調のようだ。

良かったですねコンニャロ。

d0039216_215234.jpg


「逆引きクエスト」とでも言いますか。
冒険の途中で珍しいアイテムを偶然手に入れたときは、
そのアイテムを使うクエストを逆引きで調べてみて
ソロのときにこなしていたりします。

今回も、タブナジアで視線消しを行ってた時の
アイテム消化です。
手に入れたのは「カメレオンダイヤ」と「タブナジア羊レバー」。

「カメレオンダイヤ」は、
ジュノのクエスト「本当の愛を求めて」で使用しました。
報酬は4800G。ウホッいい感じ。


次は「タブナジア羊レバー」です。
こちらはタブナジアのクエスト「スカリーX」に使用。
生のまま一ヶ月くらい放置していたレバーを
Odeya奥さんに渡して一旦は終了。

しかし、このクエストには続きがあり、
フォミュナ水道で特定のポイントを調べてくる必要があります。
お、これは久々…ソロでダンジョン探索のヨカン!

調べてみると、MAPの取得ポイントも近い模様。
よーし、こうなりゃ両方ゲットしちゃうぜー


という事で、裸一貫でフォミュナ水道に突入です。
見破りを行うモンスター、タウルス族も多く生息しており、
ここを抜けるには正に命がけ。

あと、フォモルがいっぱいいるので、
普段ソロな私は人恋しさのあまり話しかけそうになります。
クッ、なんて卑劣な罠なんだ!


でも、こうやって単身潜入するこの緊張感は好きです。
MAPも覚えられますしね♪

方角さえ分からなかった場所が、だんだんと頭の中で
全貌が形作られる。
そうして初めて、冒険したと思えるのです。


ヒリヒリするような静寂の中、まずは広場を抜け
魔法の効果時間に注意しながら通路の角を曲がります。

目の前に現れた「扉」を開き―――、


















あっカギ持ってないや
[PR]
by panicss | 2007-05-13 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(3)