2010年 03月 07日 ( 1 )

フロム、カナダ

今回のお話はちょっとマニアックすぎて、
昨年くらいから書こうかなーどうしようかなーと
迷っていたお話ですが…。

書いちゃう事にしました。
念のため言っておきますがFFのお話です


みなさんは「金田伊功(かなだよしのり)」さんという
アニメーターをご存知でしょうか。

…とは聞きつつ、監督や声優ならいざ知らず、
アニメーターさんを知ってる人ってあんまりいないかな、
と思います。

というか知ってる人はかなり深いほうだと思います。
逆に言うと、深い人だったら多分知ってます。そんなひと。

 金田伊功 - Wikipedia

この人は「アニメーター」という名が示すとおり、
何かの人気キャラクターをデザインしたわけでも、
ものすごいお話を作ったわけでもありません。

"キャラクターを動かす"
ただそれだけで業界を謁見した人物です。

d0039216_16195324.jpg
d0039216_1620513.jpg

『緩急をつけながら舞うように動くアクロバティックなメカ表現や
 これに通称「金田パース」と呼ばれる大胆に誇張された
 遠近感とポージングを加えた独特な作画スタイルを生み出し、
 日本のアニメーションにひとつの変革を起こした。
 「金田びかり」と呼ばれる実写のレンズの逆光で起きる
 ゴーストを表現として取り入れられている。』
(Wikipediaより抜粋)

かなり特徴のある動きなので、
実際に観てもらうと分かりやすいと思います。


銀河旋風ブライガー OP
有名なのはこれ。古いですけど…。


ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU OP2
一番最近なのはガイキングLOD後期OP。
この作品は私も好きでした。

d0039216_17123621.jpg
日本のアニメーションはディズニーなどとは異なり、
静と動を織り交ぜて表現されます。
この金田さんという方はその緩急をより極端に、
かなり個性的に表現されていました。
そのダイナミックな動きは、一時大変な人気だったようです。


さてこの金田さん、
東映動画からスタジオジブリを経て、
とあるゲーム会社に所属します。

そう、お分かりですね。
その会社は「スクウェア(現スクウェア・エニックス)」です。
ここで金田さんは様々なムービーやアニメ、キャラモーション
などを担当されました。


ここを見ている皆さんがよくご存知の、

d0039216_17455958.jpg
FF11 OPムービーも金田さんの担当です。

私は、まさかこんなところで
金田さんと繋がってるとは思わなくて
知った当初はビックリしましたw

もちろん、キャラクターモデルやCGを
金田さんが作ったわけではありません。
たくさんの人が関わって、作られたムービーです。
(他のアニメももちろん同様。)

それでも小気味いい動きやエフェクトに、
金田さんの魂が込められているのかなー
…なんて、後付ですが思ってしまいます。




金田伊功さんは2009年7月21日、
心筋梗塞のため57歳の若さで死去されました。

マニアには名の通った…とはいえ、
アニメーターの方です。
12月に文化庁メディア芸術祭特別功労賞が贈られたものの、
特にニュースなどで報じられる事もありませんでした。

今回このお話を書いたのは、ちょっとだけ、
こんなお話もあるんだよという事が伝えたかったのです。
この記事を通して、なるほどそんな人がいたんだな、と
心のどこかに留めておいて頂ければ幸いです。


d0039216_183744.jpg
ちなみに、FF13のオーディン召喚シーンのコンテを切ったのも金田さん。
このシーン、すごく好きです。
本当に、つい最近まで作品を手がけていたんですね…。
心より、お悔やみ申し上げます。
[PR]
by panicss | 2010-03-07 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(3)