Action-ZERO type FFVII


d0039216_1511881.jpg
デネブ 「侑斗!大変だ、侑斗!」
侑斗  「うわっ!何かお前の方が大変な事になってないか、デネブ!」


d0039216_15125322.jpg
デネブ 「いや、オレのおもちゃは発売されていないからな。紙で作ってみた!」
侑斗  「そ、そうか…。」
デネブ 「そんな事より、あれを見てくれ侑斗!」


d0039216_1736535.jpg
デネブ 「良太郎から届いたプレゼントだ!良かったな侑斗、本当の親友みたいだぞ!」
侑斗  「こ、こいつは…ポーション!


d0039216_15202279.jpg
デネブ 「知っているのか侑斗?」
侑斗  「サントリーとスクウェア・エニックスのコラボレーション飲料水、第2弾だ。
      確か、第1弾のポーションはかーなーり不味いと話題になっていたな…。」


d0039216_15293273.jpg
デネブ 「ダメだ侑斗、そんな失礼な事を言ってはいけない。」
侑斗  「何だと!…いいさ、実際に味わってみりゃ済むことだ。」


d0039216_15485857.jpg
侑斗  「こい、デネブ!」
デネブ 「オレも一緒に…?い、いいのか侑斗?」


d0039216_15331865.jpg
侑斗  「バーカ、ポーションはお守りじゃないんだ。
      飲むときに飲まなきゃ意味がないんだよ!」
デネブ 「侑斗…(ホロリ)」


d0039216_15525366.jpg
侑斗  「いくぞ!」 ガシューン ガシューン
ベガフォーム


d0039216_15562234.jpg
デネブ 「最初に言っとく!」


d0039216_1558189.jpg
デネブ 「容器のフタは飾りだ!」
侑斗  「………」


d0039216_1604443.jpg
侑斗  「何で先に空けてんだデネブーーー!!」
デネブ 「す、すまない侑斗!冷蔵庫に入らなかったんだ…!」


---


はい、そんな訳で買ってしまいました、
限定77,777セット、1セット3,980円。
FFVII誕生10周年記念ポーション!
あれからもう10年なんですね~。早いなー。

前回(FFXII)のポーションより美味しかったよ!
とは言っても、前回のポーションも意外とイケるクチだったので
参考にならないかもですけど(笑)
今回はいたって普通の味でした…。

ちなみにポーションとしては第2弾ですけど、
FFVIIポーションとしては第1弾。
このあと第2弾(キャラクター缶)、第3弾(フィギュア付)と控えており、
お値段や個数も全然違うので、各自お好みでご購入下さい。


d0039216_16195553.jpg
第1弾にはFFVIIアルティマニアが付いてました。
というか、このために買いました(/ω\)


d0039216_1620151.jpg
中はこんな感じ。
キャラクターごとに時系列で何をしてたか説明してくれてるし、
大まかなストーリー解説もあったりで、CCプレイ前の復習に最適でしたw

FFVIIだけだと思ってたら、AC、BC、DCまで
抑えててくれてるのがなかなか良い感じです!
(CCはさすがに触り程度。)

FFVII ACの限定版に付いてたアニメーション
矛盾点まで指摘してるのは笑いました。
あれですか、ちゃんと調べなさいって事ですか(笑)

あとは、用語集や各作品の関連商品など。
設定画は思ったほど無かったけれど、
女装クラウドの設定画(SDキャラ)が見れたので満足です。
あれ野村さんだったのか…。


個人的には大満足な一品でしたw
アルティマニアは思ったよりちゃんと作ってあって、
FFVIIファンは買っても損しないと思いますよ~。

さー気分も盛り上がったところでFFVII CCやるよー!!





d0039216_16442011.jpg
ギャフン。
[PR]
by panicss | 2007-09-30 00:00 | その他の話題

サイドがワインダー!


先日、新しくプラズマテレビを購入したところ、
パソコン入力用のコネクタ端子が付いていました。

d0039216_2042916.jpg

私はFFXIをPS2版とPC版の両方を購入しているのですが、
どうにもPCモニタでゲームを遊ぶっていうのがシックリこなくて。
そんな理由から、遊ぶときはもっぱらプレイはPS2版でした。

PC版だとPS2版より解像度を上げる事ができますし、
ログを取ったりウインドウを表示したままSSを撮ったりといった
フリーツールが色々公開されていたりして、便利なんですけどね。

そんなこんなでPC版を起動させるのは、チャットゲーム「人狼」の
ログを取るときだけでした(笑) 何てもったいない。
しかし、それも今日までです!

高価なプラズマテレビを買って、そこにFFXIを映せるんだから…。
これを機会にPC版移行にチャレンジしてみる事にしました。
そう、クリアでワイドなヴァナ・ディールに降り立つ日が来たのです!
(大げさ)


d0039216_20151864.jpg

まずはコントローラ。

私はFFXI開始当初よりロジクールの
「Logicool NetPlayController」を使用しています。
PC版に移行してもこれは譲れない。

最初は「何!この不便なモノ!こんなんでFFXIができるのか!?」
なんて電気コンロに困惑する広瀬康一のごとき有様でしたが、
今ではもうこれでしかFFXIはプレイできません。
パッドとキーボードも試してみましたが…持ち変えが面倒なんですよね。

この辺に関しては、変換コネクタをかませてやる事でさっくり解決。


お次はPC版FFXI内の設定です。
解像度と、あとプラズマテレビのワイド画面にあわせるため
画面比率を変更します。

解像度に関しては、「FFXI 解像度」などの
キーワードでググってみて下さい。
正式なConfig設定では設定できない数値を
入力する方法が出てくると思います。


で、ここでは画面比率の説明を。
メニュー画面から、コンフィグ>その他2 で、
「背景表示のスクリーン領域」という設定があります。

d0039216_20484954.jpg
初期設定だと「4:3」になっているはずですので、
これを「16:9」までうにょ~んと引っ張ると…

d0039216_2143549.jpg
イワッチさんがスリムビューティーに!
これでワイド画面に映すと、通常の太さ幅になります。

ただし、画像を見てもらえば分かると思いますが、
メニューやログのフォントサイズなどは変わらないようです。
なのでワイド画面だと少し幅広になりますね。
※ちなみにこの状態でSSを撮っても、SSのサイズは「4:3」のままです。


以上で設定はおしまい!

さて、さっそくワイド画面に映してみましょう。
どんな具合かなーv





d0039216_21135141.jpg
わー、ちっさー…。

ちょっとおぉぉぉ。
こ、これはキツイんじゃないかな…。

だいたい、私のメインジョブである白魔道士は、
状態異常ログとPTメンバーのHPを同時に目に入れなきゃいけないのに
それがワイド画面の端と端。(約1m(笑)。)
くそう、なんで解像度とフォントサイズが連動してるんだぜ?


仕方が無いのでフロントバッファの解像度は
少し大きめに調整してみました。
それでもバックバッファが細かい分、PS2よりは断然綺麗。
(フロントバッファ、バックバッファについては、前述のキーワードで
 ググった先に詳しく書いてあると思います。)

ちなみに私の解像度の設定は以下の通り。
 フロントバッファ : 1024*768
 バックバッファ  : 2048*2048


メニュー画面の配置やフォントサイズなんかは、
個別に設定できるようにしたいですよ~
何とかなりませんかスクエニさん(´Д⊂




さて、何はともあれこれでPS2版からPC版への
以降作業は終了です!
今後のイワッチが唱える呪文は、ちょっぴりクリアで
ちょっぴりワイド(?)かも知れませんよw


あなたに届け、私のケアル。 えい♪





 /say 多数の敵に追われています! 注意してください!!



…………

…………

……マクロは手で移すしかないので頑張りましょう。
[PR]
by panicss | 2007-09-23 00:00 | FF11:プレイ日記


―――9月、白露。

d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「…って言っても、秋だっていうのによくもまあ暑い日が続くもんだぜ。
  もう一回くらい盆休みがあってもいいんじゃねえか?」

d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「はは、お盆の元は秋にあった行事という説もありますから、
  あながち間違いでもありませんけどね。」

d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「そうそう、休みといえば、来週のこのブログはお休みだそうですよ。
  なんでもイワッチさんがスペイン旅行にいくとかで。」

d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「なに、スペインだと?
  どこの新エリアだそりゃ。」

d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「落ち着いてくださいナワヤさん、ヨーロッパ南西部にある国ですよ。
  日本からは乗り継ぎ時間を入れて、大体15~18時間ほどかかりますね。」

d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「へぇ、…ふむふむ、一週間かけてじっくり回るプランらしいぜ!
  こりゃイワッチが浮き足立つのも分かるってもんだな。」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「それは違うぞナワヤ!


d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「キ…キバヤシ!!」


d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「確かにイワッチはスペイン旅行の名目で海外へ旅立つ。
  だが行き先はシンガポールだ!!

d0039216_2184767.jpg二人:
 「な、なんだってーーー!!」


d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「バカな…違う国じゃねえか!!
  一体どんな意味が隠されているって言うんだ、キバヤシ!!」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「簡単な話だ。日本からスペインへの直行便は無い。
  なのでそもそも途中のシンガポールへは降りる予定だったのだ。」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「だがここで恐るべき事態が発生した。
  リアル都合により、イワッチが1週間のお休みを取る事が出来なくなったのだ。」

d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「なるほど、せめて途中まで…、という訳ですね…。」


d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「し、しかし!イワッチはあんなにサグラダファミリアを見たがってたじゃないか!
  せめてスペインの地を踏むわけにはいかなかったのか?」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「駄目だな、時間も便も無い。」


d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「そうですか…。残念ですけど、でも、
  シンガポール行きに変更できたのは不幸中の幸いでしたね。」

d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「そ、そうだな…。せめてシンガポール旅行を
  楽しんでもらえれば…。」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「…だが、ここでもひとつ、罠がある。
  チケットの都合上、イワッチはシンガポールに二日間滞在する事になる。」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「さて、ここに今回のスペイン旅行のスケジュールがある。
  みんな、これを聞いて何か気付かないか?」

d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「ええと、シンガポールに到着して、イワッチは二日間滞在…と。
  そして一緒に行くメンバーは、到着後次の日にスペインに…アッ!!」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「そうだ、イワッチはシンガポールで丸一日、
  たった一人で過ごすんだよ!!

d0039216_2184767.jpg二人:
 「な、なんだってーーー!!」


d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「クソッ!マトンを…。俺のマトンを貸す事ができたら!」


d0039216_20561443.jpgTanaka:
 「落ち着いてくださいナワヤさん。」


d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「確かに、海外一人旅などそう珍しい事ではないかもしれん。
  しかも行き先は治安の良いシンガポール。」

d0039216_211375.jpgKibayashi:
 「だが相手はサルタバルタも一人で歩けないイワッチだ。
  このブログも、今日が最終回かもしれんな…。」


シンガポール一人旅が今、どのような計画で進められているのか
明らかではない…。
しかし、出発の日は刻一刻と迫っているのだ―――――。

---

※ この物語は事実をもとにしたフィクションです。
  内容に関する問い合わせは、電話では一切
  受け付けておりません。ご了承下さい。



d0039216_20571057.jpgNawaya:
 「…ていうか実質今週もお休みじゃね?」
[PR]
by panicss | 2007-09-09 00:00 | その他の話題


d0039216_1955073.jpg
観てきましたー劇場版エヴァ
TVでグレンラガンを観てから向かったので、この日はGAINAX尽くし。
(エヴァ新劇場版はGAINAXじゃないけど。)


10:10の回を観ようと思って、9:30ごろ劇場に到着。
初めての劇場だったので、余裕を持って少し早めに出発したのです。
やー、ちょっと早く着きすぎちゃったぜー。




d0039216_2074490.jpg

ギャース。
心のどこかでなめてました。スイマセン。

---

1995年の放映当時、ブームの渦中を経験した者としては何てゆーかこう…思い出すと色々むずがゆいですね、エヴァは(笑)
実はDVD-BOXも持っていますけど、観返すのは何となく避けてました。


さて、劇場の客層はかなり若かったように思います。
当時のファンが観に来るのかなーと思ってたんですけど。

「起動戦士Zガンダム」なんかは既にTV版を観た方が主で、放送との違いを確認して楽しむような雰囲気を感じたのですが、エヴァはどちらかというとTV版を観ていないか、もしくはかすかに記憶に残っている程度、といった方が多かったように感じました。
あくまで上映前後の会話からの主観ですけどネ。

とある男性が「オレより若い客しかいねえ…」と呟いていたのが印象的でしたw

以下ちょっとネタばれ
[PR]
by panicss | 2007-09-02 00:00 | アニメ/特撮