ライフでうける

普段、日曜日の朝は7:30ちょっと前に起きていました。
主にTV番組の都合上(笑)

そんなある日、朝起きていつものようにTVをつけると、
何だか妙に惹かれる映像が目に飛び込んできたのです。

それはアニメ「バトルスピリッツ 正面突破バシン」の
EDテーマ「冒険記録」。
(※リンク先のいちばん下の映像。)

おお…なんか作画すごいな、とか思ったわけです。
一般的な惹かれ方ではないですけれども!(笑)

 
d0039216_0445584.jpg
それで本編の方も観始めたのですが、
これが意外と面白くて、気がついたら起床が30分前倒しにw
基本はカードバトルアニメなんですけど、
バトルのターンカットとか、ちょっと普通と違う演出が光ってました。
「ショーメン突破で銀河トォォタル!」の意味がよく分からなかったよ!


d0039216_0451199.jpg
今は続編「バトルスピリッツ 少年激覇ダン」が継続放送中。
キャラや物語が普通よりになって、「バシン」より真面目にバトルもするので(笑)
ちょっとアレー?と思う時期もあったんですけど、やっぱ安定感がありますね。
異界王が出てきてから面白くなってきたー。


d0039216_15435.jpg
PSP版のゲームも買ったけど、アクションなのよねー。
TV観てると、実際のバトルが気になります。
カードバトルのバトスピがやってみたい…。
[PR]
by panicss | 2010-03-31 00:00 | アニメ/特撮 | Trackback | Comments(2)

歪みないセカイ

d0039216_1603742.jpg
フレが「ソボロ助広」を取りに行くのでお手伝いしてきました。
わたしの頭の中ではどうも「ソボロ助平」に変換されるから困ってます。
どんなスケベだそれは。

まあ、まあ、いいんですよそんなことは。

相手が常時トリプルアタックのボムで倒れまくったとか、
なかなかドロップしなくてトリガ何度も取り直したりとか、
フレが仮面ライダーの話題を誤爆しまくってたりとか、

そんなことはたいした問題ではないのです。
大事なのは、ここが「リヴェーヌ岩塊群サイトB01」という事なのです。


 わたし「お手伝いついでに、巨大な鱗とってもらっていいかなあ?」
 フレ 「なに?リヴェーヌワートでも欲しいの?」
 わたし「ちがうw」




d0039216_16155761.jpg
取るけれども!


でもこれは本当の目的じゃないのです。
わたしの本当は、


d0039216_16215899.jpg
そう、ミッション回想です。
「誓いの雄叫び」と「猛き者たちよ」は、巨大な鱗が必要な
このBCまで来ないと回想ができないのです。めんどうな。


ではなぜこんなところまで、
わざわざ回想を観に来たのでしょうか?


それは、



d0039216_163120100.jpg
プリッシュのお尻を眺めるため…



ではなく。




皆さんが待ちに待ってる
ひなげしヴァナ更新再開のためなのです!!!
ヤバイ!ビッグニュースきたこれ!!


…え、なに?そんなサイト知らない?
あはは、やだなあ、またまたご冗談を…
あれホントに知らなかった?…そう、ですか…で、ですよねー…。


なんて言いつつまだ更新してないですけど(苦笑)、
忘れてませんよって事で。
[PR]
by panicss | 2010-03-28 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(4)

おもしろカッコよす

d0039216_126453.jpg
わたしの人生に多大なる影響を与えた作品、
それが「魔神英雄伝ワタル」です。

今後、どんなに素晴らしい作品が現れようとも、
わたしの中で「ワタル」を超えることはありません。
そんな作品。

…とはいえ、そんな「ワタル」も放映終了してから幾歳月。
DVDを時々観返したり、今だスペースがあるコミケ会場くらいでしか
その名を聞くこともなかったのですが…


なんと昨年末に新作玩具が発売!

d0039216_131366.jpg
今の最新技術で作られた、新たなる龍神丸がここに!
(向かって左が当時品、右が新作「ROBOT魂 龍神丸」。)

まさかまた龍神丸に会えるとは思ってなかったですよ(´∀`*)
当時のプラクションも思い出深いので純粋に比較はできませんけど、
格段に進歩していますねー。
版権はタカラからバンダイに完全に移ったのかな?

この龍神丸が売れたら、新作が作られちゃったりしないかな(笑)
[PR]
by panicss | 2010-03-23 00:00 | アニメ/特撮 | Trackback | Comments(2)

消失フィルム

d0039216_23483439.jpg
ハルヒ映画の「フィルムブックマーク」リピーターキャンペーンが
始まったのでもっかい行ってきたよ!

ドキドキしながら封を開けたら…

キョンと長門のツーショットきたこれ!!


















d0039216_23503252.jpg

まぁ…メインどころは映ってるけど…。

親切なところだと微妙な絵柄は抜いといてくれるんですけど、
ハルヒは全く抜いてないみたいです
机とか切なすぎる(;´Д`)


---

2010年1月に公開された映画「魔法少女リリカルなのは」では、
3回劇場に足を運ぶと「メモリアルフィルムコマ」がもらえました。
これは初号上映時のフィルムをカットしたもので、
どのシーンがもらえるかは完全ランダム。

「映画に3回行ってもらえる」という辺りにちょっと引っかかりますが(笑)
これがかなり好評だったようで、他のアニメ映画でも配布が始まりました。
ちなみにハルヒは2回、Fateは1回で貰えるみたいですね。

二つとして同じ絵柄が無いため、シーンによっては
ヤフオクなどでかなり高値で取引されてます。

ヱヴァが15万2000円
なのはが53万2000円
ハルヒは35万6000円

落ち着け…。落ち着くんだ…!


しかしあれね、内容の是非はともかく、
こういう金額みてるとやっぱみんな年齢層高めなのねって思っちゃう。
10代の子とか、アニメって何みてるのかなー。


---

ちなみに上のフィルム、
前から持ってるデジカメだと上手く撮れなかったので
思い切ってカメラ新調しました!(えっ)
購入したのはCanonの「Power Shot G11」っていうの。

ビックカメラで「接写できるカメラください!」って言ったら
「今のはみんな接写できますよ」って返されて、エーってなった。
カメラ全然詳しくないから何とか店員おススメを聞き出して、
家帰ってからアマゾンでポチりました。

とりあえず室内接写が前とは段違いに綺麗に取れるので満足です!
これからは写真が増える…かも?
[PR]
by panicss | 2010-03-16 00:00 | マンガ/イラスト | Trackback | Comments(0)

d0039216_22511874.jpg
いちばん興奮したのは来年の映画予告でした。

続きをよむよむ(ネタばれ)
[PR]
by panicss | 2010-03-14 00:00 | アニメ/特撮 | Trackback | Comments(4)

フロム、カナダ

今回のお話はちょっとマニアックすぎて、
昨年くらいから書こうかなーどうしようかなーと
迷っていたお話ですが…。

書いちゃう事にしました。
念のため言っておきますがFFのお話です


みなさんは「金田伊功(かなだよしのり)」さんという
アニメーターをご存知でしょうか。

…とは聞きつつ、監督や声優ならいざ知らず、
アニメーターさんを知ってる人ってあんまりいないかな、
と思います。

というか知ってる人はかなり深いほうだと思います。
逆に言うと、深い人だったら多分知ってます。そんなひと。

 金田伊功 - Wikipedia

この人は「アニメーター」という名が示すとおり、
何かの人気キャラクターをデザインしたわけでも、
ものすごいお話を作ったわけでもありません。

"キャラクターを動かす"
ただそれだけで業界を謁見した人物です。

d0039216_16195324.jpg
d0039216_1620513.jpg

『緩急をつけながら舞うように動くアクロバティックなメカ表現や
 これに通称「金田パース」と呼ばれる大胆に誇張された
 遠近感とポージングを加えた独特な作画スタイルを生み出し、
 日本のアニメーションにひとつの変革を起こした。
 「金田びかり」と呼ばれる実写のレンズの逆光で起きる
 ゴーストを表現として取り入れられている。』
(Wikipediaより抜粋)

かなり特徴のある動きなので、
実際に観てもらうと分かりやすいと思います。


銀河旋風ブライガー OP
有名なのはこれ。古いですけど…。


ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU OP2
一番最近なのはガイキングLOD後期OP。
この作品は私も好きでした。

d0039216_17123621.jpg
日本のアニメーションはディズニーなどとは異なり、
静と動を織り交ぜて表現されます。
この金田さんという方はその緩急をより極端に、
かなり個性的に表現されていました。
そのダイナミックな動きは、一時大変な人気だったようです。


さてこの金田さん、
東映動画からスタジオジブリを経て、
とあるゲーム会社に所属します。

そう、お分かりですね。
その会社は「スクウェア(現スクウェア・エニックス)」です。
ここで金田さんは様々なムービーやアニメ、キャラモーション
などを担当されました。


ここを見ている皆さんがよくご存知の、

d0039216_17455958.jpg
FF11 OPムービーも金田さんの担当です。

私は、まさかこんなところで
金田さんと繋がってるとは思わなくて
知った当初はビックリしましたw

もちろん、キャラクターモデルやCGを
金田さんが作ったわけではありません。
たくさんの人が関わって、作られたムービーです。
(他のアニメももちろん同様。)

それでも小気味いい動きやエフェクトに、
金田さんの魂が込められているのかなー
…なんて、後付ですが思ってしまいます。




金田伊功さんは2009年7月21日、
心筋梗塞のため57歳の若さで死去されました。

マニアには名の通った…とはいえ、
アニメーターの方です。
12月に文化庁メディア芸術祭特別功労賞が贈られたものの、
特にニュースなどで報じられる事もありませんでした。

今回このお話を書いたのは、ちょっとだけ、
こんなお話もあるんだよという事が伝えたかったのです。
この記事を通して、なるほどそんな人がいたんだな、と
心のどこかに留めておいて頂ければ幸いです。


d0039216_183744.jpg
ちなみに、FF13のオーディン召喚シーンのコンテを切ったのも金田さん。
このシーン、すごく好きです。
本当に、つい最近まで作品を手がけていたんですね…。
心より、お悔やみ申し上げます。
[PR]
by panicss | 2010-03-07 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(3)

フェスフェス

d0039216_2353887.jpg
「ヴァナ★フェス2010」、怒涛の発表でしたね!

 ヴァナ★フェス2010 ~8周年だョ!全員集合 イベントレポート

気になるところは色々あるんですけど、
個人的にはレベルキャップ開放がいちばん大きかったです。

「またれべらげに行かないとなのか…」感が
もっと強いかと思ってたのですが(笑)、
なかなかどうして、ワクワクしてる自分がいます。

やっぱり強さの上限が見えてるって言うのは、
ある種の停滞感を出してたのかなー。
もっと先の"白"を体感できると思うとちょっぴり楽しみw
昔ほど一気には上げられないと思いますが、
マイペースにチャレンジできればなーなんて思ってます。
これでサポデジョ2も開放ですね!(※覚えてません)
赤はどうしよう…。

AF3の実装(新コンテンツ"アセビア"で入手)といい、
また新しいジョブを育てる楽しみが出てきましたね。
(AF2との兼ね合いが心配ですが、純粋にデザインが楽しみ。)
バランス取りは大変でしょうけれど頑張って欲しいです。
お知らせと同じところに「懸念点」の記述があるんだもんなw
だいぶ思い切った決断なんでしょう。


獣・召喚・からくりは育ててないので何ともですが、
色々言われてきたジョブなだけにやっとこ!ですね。

個人的には、ジョブの仕様変更はもっと色々思い切って
試してみてもいいと思います。
経験値もお金も手に入らないけどテスト的な能力が試せる
βフィールドみたいなのがあってもいいですよね。

この発表を期に、巷ではからくりが増えているとか何とか…?
発表ひとつでヴァナを取り巻く現状が、少し変わったような気がしますね。


で、この怒涛の発表の中に並んで、
「ジョブエモーションの追加」を発表する開発陣が私は好きだw
踊り子は/danceエモ追加でちょっぴり残念(ちょ)だったので、
どんなエモが追加されるか楽しみですねー。









踊り子の調整は(゚Д゚≡゚д゚)?
[PR]
by panicss | 2010-03-02 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(8)