乙女まっしぐら

創作活動では、自分を見つめ直す事も大事だと思います。

作品を作るということは、自分の頭の中にある世界を、形にして外に出すということ。
ただ、本当に描きたいものが何なのか?という事は、実は自分自身でよく分かっていない事も多いのではないでしょうか。

自分はどんな人間なのか?
自分を構成する要素は何なのか?

自分の趣味や嗜好を分解して見つめ直すことで、見つかる"何か"もあると思うのです。



そして、私もときどき考えます。
きっと、私を形作っているピースの全てを、私はまだ認識していないはず。

まだ私が描くことの出来ていない、"何か"があるのでは無いだろうか―――。



そんな自己分析をするうちに、ふと気づいたのです。

実はさぁ、わたしってさぁ、



乙女ゲーに向いてるんじゃなかろうか。



d0039216_16431067.jpg
※分析過程はトップシークレットのため、ここに記すことは出来ません。


という訳で!
実は少し前から乙女ゲーを買おうと思って、いろいろ情報を集めてました。
探した結果購入したのは…

d0039216_1648543.jpg
「Under the moon」(PC、18禁)。
どんなゲームかは公式サイトamazonレビューを見てご確認下さいな。
どの辺りの要素で購入を決めたのかは、まあ、各人ご想像しなさいよ(笑)

他に候補としてあったのは、
 ・すみれの蕾
 ・Riddle Garden
 ・月ノ光太陽ノ影
 ・黒と金の開かない鍵。
 ・仁義なき乙女
 ・赤ずきんと迷いの森
といったあたり。(※全て18禁ですのでご注意ください。)
どれも気にはなった(特に「すみれの蕾」はどこのサイトでも評価高かったし)のですが、今回は初乙女ゲーという事もあって、物語性より好みのシチュエーションがありそうかどうかで選びました。
18禁限定なのは…、やるならトコトンだからだ!(←?)

d0039216_18141490.jpg
絵柄的にもそれほど乙女してなかったので、最初にプレイするのに良いかなとも思いまして。

色々考えて最初の乙女ゲームはこれに決定。
早速購入して遊んでみる事に。

ちなみに環境はWindows7で、最初のインストールでちょっとだけ引っかかりましたが、ネットで検索したらダイレクトに解決方法が出てきたので助かりましたw
その後は問題なくインストール完了してプレイ開始。

しかしプレイを進めているうち、ある事が気になり始める。

d0039216_18142633.jpg
向かって右側の男性、セイジュというキャラクターなんですが、

あの、…この声って、

d0039216_1823369.jpg
あの方ですよね?

まー乙女ゲーとはいえ18禁モノですので、声優名は変えられてますけれど。
でもPS2で発売された全年齢版を調べてみたらあの方でした(笑)
性格もあんななんで、なんかウラタロス(言っちゃった)に口説かれてるような奇妙な感じが…w

てゆうかヤンデレなんですけどね、こいつ。
そうか…♂のヤンデレはこうなるのか…。

d0039216_18222823.jpg
とりあえずウラタロスから攻略する。
乙女ゲー全般でそうなのかは分からないですけど、主人公も思いっきり顔出しでガンガン喋るのがいいです。紳士ゲーは無個性主人公が多いんですけど、あれだと物語から一人浮いてる気がするんですよね。
私は主人公にも個性があるほうが好き。

d0039216_18394864.jpg
とはいえなんというドM主人公。

襲われるたんびにこんなモノローグして、次のシーンでは「一緒にヨーグルト食べよう」って男の部屋に入ってったりするので、ちょっとこの主人公頭悪いんじゃないの(笑)みたいな事も思わなかったりでもないんですけど、まあ部屋に行く選択をするのは私な訳で、この辺は選択肢分岐アドベンチャーという形式上仕方ないのかなーと思います。

ルートは甘々な純愛ルートと鬼畜な愛憎ルートの、大きく2つに分かれて、更にその中でも幾つかの話に分岐します。
後半はガンガンHシーンが挿入されますね。これPS2版どうなってるんだろう…(笑)
1プレイ2~3時間と短めで、3回ほどクリアしましたが楽しかったです!

まだ数が少ないので判断しきれない部分もありますけど、乙女ゲーもいいものです。
そうか、これがまだ見つけてなかった新しい自分か…(えっ)
皆さんのお勧めあったら教えてくださいねー。


d0039216_19561886.jpg
ちなみに今はPSPで「遥かなる時空の中で3」やってます!
4も5も出てるんですけど、なんか3の評判が良かったので。
事前情報全然なしで買ったから、戦闘があってビックリした…。
[PR]
by panicss | 2012-01-29 00:00 | 他ゲーム:PC | Trackback | Comments(6)

物欲の確率

d0039216_1754253.jpg
踊り子のことばっかり書いてましたけど、ちゃんと白AF3も入手しましたよ!
メインシロデスカラネ ウフフフフ

d0039216_17541474.jpg
一番の特徴は、よりビッグになった苺ずきんでしょうか。
アサシングリード的な。
魔道士的には精神を集中しやすいとか(脳内設定)

最初見たときは正直、
全体的に装飾過多な感は否めなかったんですが…。

d0039216_17591148.jpg
後ろから見たときのコート感がアップしてて、ちょっと良いかもv

ちなみに踊り子のときは大変苦労した足装備は、
乱獲ついでにえらいサクッと取っちゃいました。
というか、実は踊り子より白の方を先に取ってました。

そのときのアラには白AF3希望が3人いたんですけど、
「3人なら全員に行き渡るんじゃない?」みたいな事を最初にリダが言って。
踊り子で大変苦労していた私は「えっ?」と驚いたのですが。

d0039216_17542322.jpg
ホントに3人分でたこの日の乱獲であった。

あの、スクエニさん、ランダムって、公平です、よね…?

---

そういえば最近はPTを組んでも、
AF3を着てる白さんばかりですねー。
そろそろノーブルも一昔前の装備になっちゃうんでしょうか。

d0039216_1984422.jpg
私が持ってるノーブルチュニックは2つ。
ひとつはフレが引退のときに残して行ってくれたもの。
もうひとつは、まだ持ってないときに無期限レンタルで貸してもらったもの。

4年半(!)愛用させて頂きましたけど、そろそろ返し時かも…
(と思いつつ、持ち主の方はその後息災なのでしょうか(笑))
今なら私の汗と涙が付いてきますよ!
ぜひともクンカクンカして頂きたい。
[PR]
by panicss | 2012-01-22 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(0)

ツインテール復活

AF3は着られれば良いのだ。
実用性は無くてよいのだ。

とか思ってたんですけど、
手に入れたらやっぱ強化したくなっちゃいました!テヘ。


◎カリス型紙:手d0039216_10351629.jpg
アビセア-グロウベルグのIka-Roaから。戦闘回数18回。
現場ではもう1ペアいたのですが、被ってる型紙は交互でいいんじゃない、
って話になって、協力しながら。
一回間違ってパスってしまいましたが(またか)、問題なく8枚げっと。
d0039216_1043418.jpg
リダのコメントがカッコよすぎる。


◎カリス型紙:脚
d0039216_10513386.jpg
アビセア-ミザレオのManohraから。戦闘回数31回。
踊り子最後の2枚だけぜんっっっぜん出なくて、皆で首を傾げてましたw
おのれリアルラック…。
このとき光弱点が候補に入ってて、初の弱点担当でしたのですけれど、
実はこのPTの直前にやっと弱点システムを学習したばかり(笑)だった私は
ずっとドキドキしながら魔法撃ってました。


◎カリス型紙:足d0039216_1142773.jpg
アビセア-ブンカールのIku-Tursoから。戦闘回数15回。
たまたま同じNM目的の方たちとバッティングしたので、交代で。
場所が狭い崖の上だったので、現場はかなり混雑気味でしたw


◎カリス型紙:頭d0039216_11133069.jpg
アビセア-アットワのGieremundがソロで倒せると聞いた…んだけど…。
聞いたんだけど!(´;ω;`)ウッ
まあ皆のソロ可能は私のソロ可能と同義ではないしな…。

実際何回か戦ってみたところ、確かに倒せるとは思うんだけど、
基本的にぜんぶ終盤で麻痺る→直せない→ GOOD LUCK SAMURAI BOY!
のパターンで負けました。
15分くらい戦ってあとHP1mm!ってところで麻痺って、
蝉フルHPフルTPフルから負けるとかすると大分心が折れそうになります(笑)
回避あげろって話なんでしょうけれど。

d0039216_11274482.jpg
しかも倒しに向かうまでに別のNMにヌッコロされるこのていたらく。

d0039216_11314376.jpg
ワモーラの方は集中力を切らさなければ、時間をかければ倒せそうだったんですけど、
そんな長時間の間ずっと順番待ちをする方々の視線にはとても耐えられない。


という事はつまり…
やっぱりマラソンですよ、マラソン!
これしかない!

d0039216_1155926.jpg

いやね、他の方のサイトとかで「マラソン100回くらいした」
とかいう記事を読んで、100回くらい楽勝と思ってたんですけどね。
実際やってみたらこのクエの真の敵は回数ではなく、

d0039216_1212223.jpg
この黒い噴煙で足止めされるのが精神的に一番辛かったですw
みんなもっと回数より噴煙について語ろうず。

ちなみに効率よい山登りのために攻略動画をみてたら、
出てきたのがシェリさんでビックリしました。
お世話になってます!!!

で、クエスト「てんでばらばらな調査隊」クリア82回、と、
ついでに頭型紙の報酬がもらえるアビセア-アットワの「トラップ強化任務I」38回、で。

d0039216_11482715.jpg
頭型紙8枚げっとして、これで胴以外のAF3が全部+1!
やっと真っピンク装備から開放です!!
ってまだほとんどピンクだけど(笑) 頭が出せて嬉しいw

d0039216_1216669.jpg
ちなみに「トラップ強化任務」で、タルの一番適正な距離はこの位置。
外の円と中の円が交わって出来る図形の中に入ればOK。


そんな訳であとは胴型紙だけなんだけど、NMはちょっと厳しそうだし、
またクエマラソンかと思ってはいるのですが。
d0039216_122227.jpg
サポシのない私ではなかなかアイテムをドロップせず…。

おのれリアルラッk
[PR]
by panicss | 2012-01-15 00:00 | FF11:プレイ日記 | Trackback | Comments(0)

芦田豊雄 回顧展

d0039216_0391721.jpg
昨年末、コミケの合間に「芦田豊雄 回顧展」に行ってきました。
会場は小さくて30分もあれば見て回れるくらいの大きさしかありませんでしたが、行ってよかったと思います。

会場には芦田さんの生画稿や、放送当時にアニメ雑誌やグッズ用に描かれたセル画、少ないですがラフも数点展示されていました。
また関係者の追悼イラストや、声優さんの追悼コメント(映像)などもありました。声優陣(特に田中真弓さん)のコメントは結構明るい(笑)なんだか氏の生前の人柄が偲ばれます。

d0039216_1245256.jpg
毎日のようにトークショーもやってて、そちらも参加したかったんですけど流石に無理でした。
しかし林原めぐみさんの時だけ厳重すぎワロタwww

展示されていた放送当時のイラストは、未だ覚えているものがほとんどで(何せアニメ雑誌を買い始めたのはワタルの影響)、あれから何年もたってまさかこんな形で原画を見る事になろうとは思いもしませんでした。
ラフの中には大人になった大地、ガス、ラビの姿がチラッと見えてました。どんな経緯で描かれたイラストなんでしょうか。


そして回顧展の最後の最後。
芦田さんが亡くなる直前、絶筆となった「描きかけのワタル」が展示されていました。
病気の痛みのため線が弛み、色も途中まで、それも斑だらけのワタル。
この絵を見たときは流石に言葉が出ませんでした…。
ああ、ホントに芦田先生、亡くなられたんだねぇ…。


最後に図録など。
d0039216_192794.jpg
良い感じなんですけど、全部の絵が収録されてる訳じゃないのが惜しい。
(上に書いたラフとか最後のワタルとかも収録されてません。)
ワタル1のページにワタル2のイラストがあったりするし。
いつか完全版を出して欲しいです。


ちなみに、本回顧展はメイド喫茶シャッツキステとでも関連展示がされており、ワタルに登場した「フシギリ」や「創界山ケーキ」が再現されたメニューがあるそうです…が、混み混みで入れませんでした;
詳しい人に聞いたら、結構居心地の良いメイド喫茶だそうで。入ってみたかった。


更に余談ですが、コミケでワタルスペースで本出してたサークルさんも当然ながら結構見に行ってるみたいで。
お客さんとこの回顧展の話をしている売り子さんなんかも見かけましたね。
あるサークルさんでワタル本を買ったら、この回顧展のお知らせと一緒に「是非行ってください!」とのコメントを頂きました(笑)
[PR]
by panicss | 2012-01-09 00:00 | マンガ/イラスト | Trackback | Comments(0)

d0039216_907100.jpg
明けました!みなさまおめでとうございますー。
今年もよろしくお願い致します♪


さてさて、年末はコミケでした。
d0039216_972668.jpg
参加された皆様、お疲れ様でした!&お越しくださった皆様、ありがとうございました!
少しとは言え、読者の反応が直接見られるのはやっぱり良い経験です。

今回の新刊(なのは)は、とらのあなさんで委託通販開始しました!
興味があったけど、会場に来られなかった方はこちらからどうぞー。
てか、そろそろちゃんとしたサークルサイト作らないと…;


今回は私もがっつりコミケに参加しようと思って、1日目から3日目までフル稼働でした。
そう、実は3日間参戦ってしたことなかったんですよね…。
というか自分がサークル参加した日しか行ったことnゲフンゲフン、みたいな感じだったので、
もっとちゃんとコミケに参加しないと!という思いがあったのです。

猛者の方たちに大分助けられましたけど(笑)、
おかげさまで今年は大分コミケが堪能できました。
やろうと思っていたいろいろなことも出来たので、良い年末だったと思います。

残念だったことは、買ったばかりの3DSを持って行かなかったことでしょうか。
会場でけっこう皆さんすれ違い通信やってて、ちょっと羨ましかったですw
いやあ、家を出るとき「荷物多くなるからいっか」で置いてっちゃったんですよね…;
(あと31日にせっかく帰宅間に合ったのにド忘れしてて水樹奈々さん見逃したw)



以下、年末に時間が無くて書けなかったのでちょっと補足。

d0039216_16101936.jpg
なのは本のほうは、今回もうほんっっっっとに時間無くてですねー(笑)
最後の追い込みで睡眠時間を削るのはいつもの事ですけど、
一ヶ月間ずっと削りっぱなしはさすがに辛かったですw 自業自得ですがっ!
前回よりもトーンが少なくなってるのはそういう理由もありますが、
ただ色がある部分ぜんぶにトーンを貼る必要も無いと思うので、
その辺りは今後も含めて調整していければなーと思ってます。

d0039216_21441769.jpg
マリーベル本のほうは…。
何故今さらマリーベル!?と、会場でもさんざん突っ込まれましたが(笑)、
理由は単純で、わたしが先日DVD-BOXを手に入れたからですw
放送当時は「マリーベルたんは可愛いなぁ」くらいの感想しかなかったんですけど、
DVDで観返してみたら「マリーベルたん可愛いなぁハァハァ」てなったので、
もうこれは本を作るしかないなと。ファンにあやまれ貴様。
一応本命はなのは本だったので、時間があれば…という感じで考えていたんですが、
なのは本の原稿を入稿したのがコミケ一週間前。
次回に回すかちょっと悩みましたけど、悩むくらいならやっちゃえ!と。
久しぶりでコピーの縮小率や濃淡が上手く設定できず、見辛い部分もあると思いますけど
懐かしんで頂けたら幸いです。



次回のイベント参加についてはまだ検討中です。
何か決まりましたらまたご連絡しますねー。
[PR]
by panicss | 2012-01-04 00:00 | マンガ/イラスト | Trackback | Comments(0)