乙女まっしぐら

創作活動では、自分を見つめ直す事も大事だと思います。

作品を作るということは、自分の頭の中にある世界を、形にして外に出すということ。
ただ、本当に描きたいものが何なのか?という事は、実は自分自身でよく分かっていない事も多いのではないでしょうか。

自分はどんな人間なのか?
自分を構成する要素は何なのか?

自分の趣味や嗜好を分解して見つめ直すことで、見つかる"何か"もあると思うのです。



そして、私もときどき考えます。
きっと、私を形作っているピースの全てを、私はまだ認識していないはず。

まだ私が描くことの出来ていない、"何か"があるのでは無いだろうか―――。



そんな自己分析をするうちに、ふと気づいたのです。

実はさぁ、わたしってさぁ、



乙女ゲーに向いてるんじゃなかろうか。



d0039216_16431067.jpg
※分析過程はトップシークレットのため、ここに記すことは出来ません。


という訳で!
実は少し前から乙女ゲーを買おうと思って、いろいろ情報を集めてました。
探した結果購入したのは…

d0039216_1648543.jpg
「Under the moon」(PC、18禁)。
どんなゲームかは公式サイトamazonレビューを見てご確認下さいな。
どの辺りの要素で購入を決めたのかは、まあ、各人ご想像しなさいよ(笑)

他に候補としてあったのは、
 ・すみれの蕾
 ・Riddle Garden
 ・月ノ光太陽ノ影
 ・黒と金の開かない鍵。
 ・仁義なき乙女
 ・赤ずきんと迷いの森
といったあたり。(※全て18禁ですのでご注意ください。)
どれも気にはなった(特に「すみれの蕾」はどこのサイトでも評価高かったし)のですが、今回は初乙女ゲーという事もあって、物語性より好みのシチュエーションがありそうかどうかで選びました。
18禁限定なのは…、やるならトコトンだからだ!(←?)

d0039216_18141490.jpg
絵柄的にもそれほど乙女してなかったので、最初にプレイするのに良いかなとも思いまして。

色々考えて最初の乙女ゲームはこれに決定。
早速購入して遊んでみる事に。

ちなみに環境はWindows7で、最初のインストールでちょっとだけ引っかかりましたが、ネットで検索したらダイレクトに解決方法が出てきたので助かりましたw
その後は問題なくインストール完了してプレイ開始。

しかしプレイを進めているうち、ある事が気になり始める。

d0039216_18142633.jpg
向かって右側の男性、セイジュというキャラクターなんですが、

あの、…この声って、

d0039216_1823369.jpg
あの方ですよね?

まー乙女ゲーとはいえ18禁モノですので、声優名は変えられてますけれど。
でもPS2で発売された全年齢版を調べてみたらあの方でした(笑)
性格もあんななんで、なんかウラタロス(言っちゃった)に口説かれてるような奇妙な感じが…w

てゆうかヤンデレなんですけどね、こいつ。
そうか…♂のヤンデレはこうなるのか…。

d0039216_18222823.jpg
とりあえずウラタロスから攻略する。
乙女ゲー全般でそうなのかは分からないですけど、主人公も思いっきり顔出しでガンガン喋るのがいいです。紳士ゲーは無個性主人公が多いんですけど、あれだと物語から一人浮いてる気がするんですよね。
私は主人公にも個性があるほうが好き。

d0039216_18394864.jpg
とはいえなんというドM主人公。

襲われるたんびにこんなモノローグして、次のシーンでは「一緒にヨーグルト食べよう」って男の部屋に入ってったりするので、ちょっとこの主人公頭悪いんじゃないの(笑)みたいな事も思わなかったりでもないんですけど、まあ部屋に行く選択をするのは私な訳で、この辺は選択肢分岐アドベンチャーという形式上仕方ないのかなーと思います。

ルートは甘々な純愛ルートと鬼畜な愛憎ルートの、大きく2つに分かれて、更にその中でも幾つかの話に分岐します。
後半はガンガンHシーンが挿入されますね。これPS2版どうなってるんだろう…(笑)
1プレイ2~3時間と短めで、3回ほどクリアしましたが楽しかったです!

まだ数が少ないので判断しきれない部分もありますけど、乙女ゲーもいいものです。
そうか、これがまだ見つけてなかった新しい自分か…(えっ)
皆さんのお勧めあったら教えてくださいねー。


d0039216_19561886.jpg
ちなみに今はPSPで「遥かなる時空の中で3」やってます!
4も5も出てるんですけど、なんか3の評判が良かったので。
事前情報全然なしで買ったから、戦闘があってビックリした…。
[PR]
by panicss | 2012-01-29 00:00 | 他ゲーム:PC