人気ブログランキング |

届けエトワール


届けエトワール_d0039216_2584336.jpg
皆さん、お久しぶりのユファファです。
こんにちは。

本日は、いつもと趣向を変えまして、
私が進行を務めさせて頂きます。
というのも、「FFXIバトン」なるものが
当ブログに回ってきましたものですから。

 ・十六夜工房さん
 ・気付いたら、踏んでました!!さん

回して下さった方、ありがとうございます。
まさか2名もの方から回して頂けるなんて・・・
心より厚くお礼申し上げます。

さて、バトンというのは特定のテーマに沿った質問を


 Iwatch:
  「はーやーくー」


うるさい。

ま、お待たせするのも何ですので、
さっそく質問に答えていきましょうか。

そうそう、本記事には
お空に行く時のちょっとしたネタバレが含まれているので
お空未踏の方は注意して下さいね。




---


1.総プレイ時間数は?


 Iwatch:
  「PS2版が発売された頃から始めて・・・
   えと、82日かな?」


人には人それぞれの歩む速度があるんだから、
そんなに悲観することはないわよ。


 Iwatch:
  「何で悲観することが前提なのか問い詰めたい。」


バザー放置とかはしていたのかしら。


 Iwatch:
  「そもそもオートで切断される設定を解除する方法が
   最近になってやっと分かりました。」





 Iwatch:
  「ちょっ!?オブラートに包んで!包んで!」


(苦笑)


 Iwatch:
  「むしろ酷くなってる!!
   までも、それくらいのログイン時間でも遊べるんだよって事を
   提示していけたらいいなーと思ってます。」




2.最近のマイブームは?


 Iwatch:
  「人狼です。始めて人狼関係の記事を見たときは
   何の事だか全然分からなかったし、
   うちが出来るようになるなんて想像もしなかったけど・・・
   今では定期的にプレイできてるなんてちょっと感動です。」


FFXI内で行うチャットゲームの事ね。
最近は、定期的にプレイしている団体さんも
多くみかけます。


 Iwatch:
  「あとはイベントとか、色々企画することかな。
   人狼とかでもそうだけど、誰の手も挙がらなかったらと
   思うとドキドキするねw」


トモダチ少ないですからね。




3.過去に出会った、最も強烈な個性を放つキャラは?(但し必ず匿名で)


 Iwatch:
  「言うだけ言って次の質問に移るなぁぁあぁぁあ

   ・・・そうですね、LSメンやフレ登録済みの方を除くと
   やっぱりあの方でしょうか。

   それは、野良でのレベルあげPTでのこと。
   集合場所に集まって、私はいつものように
   マクロで挨拶をしたのです。


   そのときでした。


    「面白い!そのマクロちょうだい!!


   見ず知らずの人にそんな事を頼まれたのは、
   後にも先にもこれっきりですww


   ええ、あげました。
   そんなこと言われたら嬉しくてあげちゃうじゃないですかw
   (ですのでこのマクロはそれっきり使ってません)

   ・・・しかしまさか、その人とブロガーイベントで再会するなんて
   このときは予想もしてませんでしたけど・・・


ふむふむ
それはどんなマクロだったのかしら?


  Iwatch:
   「秘密」


そう・・・。私も作ってみようかしら。

/em は t を見て、あの夜の事を思い出した。


  Iwatch:
   「アンタ何してんのぉぉおおおぉ!」


レベル上げ。




4.想い出のあるエリアや具体的な場所を5つ挙げてみて


  Iwatch:
   「ではでは順不同で。」


◇ ジュノ公国 上層 マーブルブリッジ前広場

届けエトワール_d0039216_2054355.jpg
 ジュノが混雑しているときは良くここに来ます。
 ここは空いていて負荷が軽い上に、下に競売が見えるので
 人恋しくて寂しくなることもない、私の特等席です。
 ここから下を眺めてるのが好きなんだ~。
 日によっては日替わり酒場に入れるしね!誰も居ないけど!


◇ 内ホルトト遺跡 魔封門前

届けエトワール_d0039216_2048221.jpg
 ウィンダス出身者なら必ず通る道、
 赤・白・黒の三魔道士が揃って初めて開く扉です。
 この三人揃わないと開かない、という設定であったり、
 揃ったときのエフェクト等がかなりツボですw
 初期の頃は、ウィンでよくシャウトを聞きましたね。 
 今では「魔封門の札」があれば誰でも通れてしまいますけれど・・・
 ちょとサミシイ。


◇ ラテーヌ高原

届けエトワール_d0039216_20595229.jpg
 本当にラテーヌは色々な顔を魅せてくれます。
 そもそも何故ウィン出身の私がラテーヌに思い入れがあるかというと、
 初めての公式イベントで訪れたから。
 知らない人たちとアライアンスを組んで、無我夢中のまま船に乗って、
 (確か)満月の夜のラテーヌを制限時間ギリギリで駆け抜けました。
 そのときの綺麗な夜空と、風に舞う草葉がずっと心に残っているのです。
 あのポイントはどこだったんだろうな~。


◇ ウィンダス連邦 森の区 ミスラ自治区

届けエトワール_d0039216_215423.jpg
 私がヴァナ・ディールに生を受けたのは、ウィン港。
 フレにWPを発行してもらうはずが、セルビナにいたため身動きがとれず、
 変わりにフレのフレに発行してもらってアレクに降り立ちました。
 モグハウスを探してひたすら彷徨っているうちに、ここに迷い込み、
 まさにSSのこの場所で初めてのTell(フレのフレから)を受けたのです。
 はじめに教えてもらった操作は、もちろんCtrl+R・・・(笑)


◇ 神々の間 ~ トゥー・リア

届けエトワール_d0039216_21141476.jpg
 余談ですが、ロ・メーヴを月と称するのは良いセンスですよね(ノ´∀`*)

 神々の間に初めて訪れた時も感動しましたが、
 やはり空に上がる時のあの感じは忘れられません。
 特にあの、転送シーンが大好きなのです。

届けエトワール_d0039216_2117950.jpg
届けエトワール_d0039216_21174144.jpg
届けエトワール_d0039216_21175024.jpg
届けエトワール_d0039216_21175948.jpg


  Iwatch:
   「・・・ということで、皆さん楽しめましたでしょうか。
    それではこれで、バトンのお話はお終いです!」




5.バトンを渡す5人を指名して


  Iwatch:
   「終わりだって言ってるでしょ!」



6.トモダチ少ないですからね。


  Iwatch:
   「質問ちがう!!!!!!!!!」

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by panicss | 2006-07-16 00:00 | バトン | Comments(0)