人気ブログランキング |

2006年 09月 12日 ( 1 )

アルアルだいじてん


忙しい日常の合間を縫って、
五日ほど中国に旅行に行ってきました。

コレ行ったお陰で今、リアルでは
身動き取れないほど忙しいんですが(笑)
太原という田舎の方の街と、
北京という大都会の両方に行って、
良い勉強にもなりました。

何というか、街のあちこちに
抱えきれなくなった歪みが出ていました。
ガイドブックに載ってるのは、本当に選別された
綺麗なところばかりと思っていいです。
少し道を外れるだけで別世界。
特に、田舎の方は日本人にはキツイでしょうね。

上手くいえないんですが…、あの国は
人間というねっとりとしたものが渦巻いているような、
そんな印象を受けました。


とりあえず北京駅の前にいるタクシーは
全部ボッタクリですので気を付けて下さい。
2マイル2元で、2Kmくらいのホテルに行くのに
50元とか平気な顔して言ってくるんじゃないよ。(結局歩いた)

その所為で時間が無くなって、
毛沢東の遺体とか人間のホルマリン漬けとか
見られなかったのが心残りです。


北京五輪に行く人は気をつけてね。
(※1元15円くらいなんで、ぶっちゃけはした金ですけど)

---


さて!中国といえば
英語通じない、漢字も楷書じゃない、と
なかなか意思疎通にに不安な国です。

そこで、買って行きました↓コレ!

アルアルだいじてん_d0039216_0464794.jpg
「旅の指さし会話帳DS 中国」。

効果の程はといいますと!









微妙・・・。


もう少し正確に言いますと、
単語検索は非常に優秀でした。

んが、喋りたい内容を探すのが難しい。
カテゴリから探して、だんだん
細分化していく検索方式なので、
かなり慣れないと瞬時に狙った会話を
表示させるのは難しそうです。
さらに表示される文字が小さく、見辛いのも
マイナスポイント。
(音声再生はしてくれますけど。)

一緒に行った友人が、本版の「指差し会話」を
持って来てたんですが、あれの方が良いと思います。
本は、一ページに沢山載ってるから探しやすいし、
相手にも見せやすい。

DS版が逆引きできれば、大分違ったんですけどね・・・。



そんなDSですが、
マリオカートやニューマリは大人気でした(笑)

帰りの飛行機の中で、雑談も一段落した頃
私が徐にDSを取り出してニューマリオをプレイしてると、
いつの間にかみんな画面を覗き込んでしました。
隣で寝てた人まで起き出したりして。

 「えー!そこで死ぬのー!?」
 「クリボーでかっ!」
 「でかくなっても変わらんというね」
 「これどうやって倒すの?」
 「あぶねー!」
 「そこの穴に落としてさー」

ああ・・・いいなぁ、このワイワイ感。
ゲーマーには物足りないところもあるようですが、
こういうところがDSのスゴさですよね。


巨大クリボーと死闘を繰り広げるマリオ(私)。
ギャラリーが私たちに注目する。

おやじ!二人で旅のフィナーレを飾ろうゼ!






その時。誰もが言葉を失った。
息を呑み、画面を見つめ、あたりを静寂が包む。

しかし一瞬の後、一人が喉の奥から
何とか言葉を紡ぎだした。






 「急に・・・画面が真っ暗に・・・」










アルアルだいじてん_d0039216_129551.jpg

いいえ。
by panicss | 2006-09-12 00:00 | 他ゲーム:携帯機 | Comments(4)