人気ブログランキング |

2009年 04月 19日 ( 1 )

私はけっこうマンガを買います。
児童少年少女青年、ジャンルは特に問いません。
興味が向いたら買っちゃいます。

この前、行きつけの本屋さんにまで「こんなに本買って貴方のおうち大丈夫?」と心配されたわたしです。
こんにちわ。(挨拶)

…そんなに買ってるかなぁ…。


そんなマンガ大好きっこの私ですが、これまでこのブログで特定のマンガをお勧めする事はありませんでした。

何故かと言うとキリがないから

「これをお勧めするならこれもせねば!」と連鎖的に湧き出てきちゃうんですよね…。
そしてそれをまとめていくうち、肝心なものが漏れてしまったりとか。
そういうのが恐かったのです。

また、星の数ほどあるマンガのうち、私が読んでいるものなんてほんのわずか。
さらに人には好みがありますし、私自身の好みだってその時々で微妙に変わります。
果たしてそんな半端な気持ちでお勧めしていいものか…という気持ちがあって、今まで自身のブログでお勧めマンガを書くことはありませんでした。


そんなある日、ふと「ジャンルを絞って紹介するのはどうだろう?」と思いつきました。
これならある程度数を絞って紹介できますし、少々偏っても問題ないですもんね。

と言う事で、今回は「文化クラブ系」にジャンルを絞って紹介しちゃいます!
最近多いんですよ~。


ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

末次 由紀 / 講談社

いま文化系が熱い?お勧め文化部マンガ_d0039216_0145869.jpg
世にも珍しい百人一首競技かるた部マンガ。
マイナージャンルですが、主人公のひたむきさと、それを軸に描かれる仲間たちとの絆、特に脇役がきちんと一個のキャラクターとして描かれているのが作品の厚みを増しています。青春時代特有の情熱と切なさが感じられる作品だと思います。



放課後ウインド・オーケストラ 1 (1) (ジャンプコミックス)

宇佐 悠一郎 / 集英社

いま文化系が熱い?お勧め文化部マンガ_d0039216_093761.jpg
吹奏楽部マンガ。
ジャンプ(ジャンプS.Q.)作品らしく、かなりライトな作風でサラッと読めます。「のだめ」のように本格的に音楽の道へ進むのではなく、あくまで"部活動としての吹奏楽"を描いているので、その辺りに深みを求める人だとちょっと物足りないかも。軽いノリが嫌いではない人にお勧めです。



とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

河合 克敏 / 小学館

いま文化系が熱い?お勧め文化部マンガ_d0039216_09513.jpg書道部マンガ。
作者の河合克敏さんは「帯をギュッとね!」「モンキーターン」でおなじみのベテラン。
書道部なんてどうやってマンガにするんだと思ったんですけど、そんな不安はどこへやら。この人のマンガは奇抜さなどはないんですけど、必ず一定以上のクオリティを提供してくれるんですよね。安定感が違います。



宙のまにまに 1 (1)

柏原 麻実 / 講談社


いま文化系が熱い?お勧め文化部マンガ_d0039216_0101661.jpg天文部マンガ。
最初に表紙を見たときは、「またいつものハーレムマンガか」なんて思ってましたゴメンナサイ。天文部の活動が(実体験から?)コメディを交えて描かれております。部員みんなが本当に楽しそうで、久しぶりに星を見上げたくなってしまいました。



うーん…。
手元に本が無いせいで、ろくな画像が無いな…。
後で差し替えられるようなら差し替えます;

文化部は運動部と違ってなかなかマンガ化は難しいと思うのですが、それだけに意欲的な作品もちらほらと見られます。
文化部ならではのアットホームな雰囲気も共通点ですね。

気がむいた作品があれば、是非一度手を伸ばしてみてください♪
by panicss | 2009-04-19 00:00 | マンガ/イラスト | Comments(4)